食べる甘酒、飲む甘酒、麹に酒粕。

食べる甘酒、飲む甘酒、麹に酒粕。

Description

栗ご飯を作るのに餅米を買った。
栗真空パック、栗甘露煮、天津甘栗を使ったが、いずれも失敗。
余った餅米で甘酒を造る。

材料 (4人分ぐらい)

餅米
1合
炊飯用の水
適量
適量

作り方

1

写真

餅米のお粥を作り、冷まして麹を入れた。
甘酒の味だが、雑炊みたい。

これは困った。

ミキサーが必要らしい。

2

写真

甘酒を捨てるという選択肢もあったが、
これはこれで、作り方をクックパッドに載せられるし。

当初は、載せる気が全く無い。

3

写真

ミキサー恐るべし。

雑炊の様な米が粉々になるのかなぁ。

えっ、これなら飲める。

4

写真

熱くもなく、冷たくもないので、湯飲みに入れて、電子レンジで温めることに。

5

写真

レンジに1分入れたら、熱くてやっと湯飲みが持てる程度。

30~45秒で十分だと思う。

6

写真

冷蔵庫で冷やした物に氷を入れる。

最初に氷を入れたら、底に張り付き
浮いて来ません。

7

写真

箸でかき混ぜたら、氷が浮いて来た。

8

写真

まだ、餅米があるので2回目、今度はお粥をミキサーにかける。

9

写真

お粥を粉々にして、炊飯器に戻す。

10

写真

これから、10時間程度、ふきんをかけて保温する。

11

写真

お粥の上に麹を手で砕いて乗せたところ。

12

写真

麹も粉々にしないと飲めないということを発見。

今度からは、1回目の時のように出来上がった物をミキサーにかけると良い。

13

写真

お粥に続いて、甘酒も粉々にした。

14

写真

これも、炊飯器で60℃程度なので、
湯飲みに入れて、レンジで45秒。

ドロッとしたのが好き。

15

写真

半分氷水、半分甘酒にした。

飲み易いけど、滅多に飲めないドロッとした甘酒の喉こしが好きだ。

16

写真

酒粕でも作れるとか。
内容量300g。

入れる水の量に対して、鍋が余り大きくないので2回に分けて作ることにした。

17

写真

秤にお盆を乗せ酒粕を袋ごと乗せる。

約440g、ここから皿に150g酒粕を移す。

18

写真

全体の重さから、150gを差し引く。

約300g、正確にはちょっと無理だった。

19

写真

水を合計150cc、
砂糖を合計大さじ2、チューブの生姜を合計5cm。

酒粕の袋に少量の水で溶かすと書いてあったので。

20

写真

水を合計450cc。

大部分溶けなかったので、水を増やし大部分溶かした。

酒粕、約140gは、19項で全部入れた。

21

写真

水を合計600cc、砂糖を合計大さじ4、チューブの生姜を合計10cm。

最後、水と調味料で、味を調える。

22

写真

砂糖を合計大さじ5。

生姜は丁度良いが、甘さが足りない。

19項の酒粕は袋に入っている状態を入れたが砕いた方が良い。

23

写真

砂糖を合計大さじ6。

やっと満足のいく甘さだが、自動販売機の甘酒より少し甘い程度。

24

写真

3回目の温め。

餅米で作った甘酒はドロドロ。
酒粕で作った甘酒は、サラサラ、ただし、自動販売機の甘酒よりかはツブツブ。

コツ・ポイント

1回目の甘酒は、炊飯器の保温に8時間(2時間毎にかき混ぜ。)、
2回目の甘酒は、炊飯器の保温に10時間(1~3時間毎にかき混ぜ。)。
時間の長い方が甘い。

3回目の甘酒は、鍋に入れて、全部で20分。

酒粕だとお酒の一種という感じです。

このレシピの生い立ち

甘酒の作り方をみて作ったら、雑炊のような甘酒に。
ネットで検索したら、ミキサーが必要とか。
仕方無いので、ミキサー買ってきました。

初めての人が見ても分かるようにとの思いで。
レシピID : 4141566 公開日 : 16/10/25 更新日 : 16/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」