離乳食後期〜鶏レバーの豆腐ハンバーグ〜

離乳食後期〜鶏レバーの豆腐ハンバーグ〜

Description

9ヶ月〜の離乳食です。簡単な材料で作れて、手づかみ食べができます。冷凍保存できます。

材料 (5センチ四方のハンバーグ11個分)

きぬ豆腐
200g
ひじきのドライパック
大さじ2
冷凍のほうれん草
大さじ3
鶏レバーフリーズドライ
2袋
適量
適量
しょう油
数滴
大さじ1

作り方

1

写真

豆腐をキッチンペーパーにくるんで、レンジで3分チンする。

2

写真

豆腐を裏ごしする。すりこぎ棒で円を描くようにくるくる回すと簡単にできます。

3

写真

このようになります。

4

写真

ひじきのドライパックを使用。

5

写真

ひじきを刻む。

6

写真

冷凍のカットほうれん草を使用。

7

写真

規定時間より1分多めにレンジでチンする。細かく刻む。

8

写真

鶏レバーはフリーズドライを使用。

9

写真

規定量の水で溶く。

10

写真

豆腐、ひじき、ほうれん草、鶏レバーをすべて混ぜ合わせる。パン粉を入れる。形を作れる位の硬さにする。

11

写真

小判形にする。ハンバーグを作る時の要領で、手に打ち付けるようにする作業を入れた方が崩れにくいと思います。

12

写真

キッチンペーパーで油を薄く塗る。

13

写真

中火で、両面に焼き色が付くまで焼く。

14

写真

水を大さじ2としょう油を2〜3滴入れる。蓋をして、蒸し焼きにする。

15

写真

全部で11個できました。(水を多めに入れてしまい、崩れてしまいました…)

16

写真

水を大さじ1にしたら崩れずできました。

17

写真

粗熱を取って、ラップに包む。フリーザーバッグに入れ、冷凍保存する。

コツ・ポイント

豆腐の水きり時間はもう少し長めでも良いかもしれません。最後に水としょう油を入れて、蒸し焼きにしますが、水の分量が多いと崩れます。材料はすべてそのまま食べられるものなので、しっかり焼けば蒸し焼きにしなくても良いかもしれません。

このレシピの生い立ち

鶏肉がないけど、手づかみできるハンバーグを作りたいと思い、まだ使ったことのなかった鶏レバーのフリーズドライを見つけたので、作ってみました。
レシピID : 4149114 公開日 : 16/10/28 更新日 : 16/11/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」