アス飯◎勝負力の京都サンガ丼!

アス飯◎勝負力の京都サンガ丼!
山瀬理恵子の「アス飯」!
このレシピは京都新聞朝刊に掲載されたもの。京都新聞HPにて料理動画公開中です。

材料 (2人分)

ご飯
お茶碗2杯分
牛豚合いびき肉
200g
トマト
1個
長ネギ
半分
なすび
半個
ツルムラサキ
50g
1片
オイスターソース、カレー粉
各小さじ1
ごま油、塩、青しそ
適量

1

写真

フライパンにごま油、みじん切りにしたショウガとネギを入れて炒める。

2

写真

合いびき肉、薄切りにしたなすび、塩をひとつまみ入れ、肉の色が変わるまで炒める。

3

写真

食べやすい大きさに切ったツルムラサキ(モロヘイヤでも可)角切りトマト、オイスターソース、カレー粉を加えて20秒ほど炒める

4

写真

器にご飯に盛り、青しその千切りを散らしたら完成。

コツ・ポイント

始めの塩で味を先に染みこませることがポイント。ツルムラサキ(モロヘイヤやオクラなどネバネバ成分のムチンを含むもので代用可)の自然のとろみ成分があんかけのように纏い多食材と素晴らしくマッチ。カレー粉の薬効効果も合わさり栄養価が抜群!

このレシピの生い立ち

京都サンガのJ1昇格を祈って!
サンガ=三辛(ショウガ、長ネギ、青しそ)紫のチームカラーからなすびやツルムラサキを使ったサンガ丼を考案!トマトのリコピンは加熱や油で調理すると吸収率がアップ。ツルムラサキは栄養価抜群の注目健康食材です!
レシピID : 4174589 公開日 : 16/11/11 更新日 : 17/03/24

このレシピの作者

京都新聞朝刊「アス飯」が3年間の連載を経て特許庁より登録査定。8月23日発売 !同社料理動画連動(ダイジェスト版41万部発行)小学校教諭を経てサッカー選手山瀬功治と結婚。キユーピーマヨネーズ料理グランプリ2015京都府代表。サッカー雑誌栄養連載2年。栄養講演及び調理実習多数。資格、経歴、活動報告はヤマセオフィシャルサイトにて http://yamasefamily.com/rieko-yamase

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

17/07/26

写真

祝!レシピ完成から一周年!!すっかり我が家の定番メニューです♡

まるぐり★なお

マメ過ぎます!(*≧∀≦*)サプライズつくレポに感動です!!

16/11/15

First tsukurepo mark
写真

ご無沙汰です!実は他サポですが、POは京都を応援します。祈J1!

DBネズミ

お久しぶりです!他サポさんから応援嬉しいです!涙 昇格祈!!