小林市の湧水で育った鯉のブイヤベース風鍋

小林市の湧水で育った鯉のブイヤベース風鍋
宮崎県小林市の名水百選に選ばれた湧水で育った「鯉」。その「鯉」を使い、フランスの郷土料理【ブイヤベース】にアレンジ!

材料 (3~4人分)

鯉(あらなどはスープ、おろした身は具に使用)
1匹(写真は1.6㎏の鯉を使用)
(アイオリソース)マヨネーズ
30㏄
(アイオリソース)ヴァージンオリーブオイル
45㏄
(スープ)トマト
2個
(スープ)セロリ
100㌘
(スープ)ドライパセリ
5㏄
(スープ)アサリ
100㌘
(スープ)水
2ℓ
(スープ)バター
30㌘
(スープ)ヴァージンオリーブオイル
15㏄
(鍋の具)水菜
3束
(鍋の具)人参
1本
(鍋の具)玉ねぎ
1個
(鍋の具)里芋
4個
(鍋の具)ジャガイモ
2個

1

写真

鯉(白身魚)を3枚におろす
スーパーで売っているカット済みの魚でもOK。その場合は、頭などの部分も買いましょう。

2

写真

鯉のあらは流水がきれいになるまで水にさらす。生臭くなるのでしっかり血を洗う。その後、熱湯に潜らせ霜降りをして冷ます。

3

写真

鍋にヴァージンオリーブオイルとバターを入れ、セロリとにんにくを炒める。

4

写真

その中にサフランを入れる。しっかり炒めて、香りを引き出す。

5

写真

湯剥きしたトマトとあさりを入れて白ワインで蒸し、あさりに火を通す。

6

写真

水と残りの材料を入れ沸騰したら弱火にし、20分煮込む。

7

写真

具の野菜で、ジャガイモや里芋は下茹でする。
その他、お好みの野菜も食べやすい大きさに切る。レタスは水洗いしておく。

8

写真

アイオリソースを作る。
すべての材料を混ぜ合わせる。

9

バケットは
トースターで焼いておく。

10

写真

煮込んでいた鍋にお好みの具を入れてあくを取りながら煮込む。
最後に鯉の身を入れて完成。

11

写真

食べ方
まずはそのまま食べる。次はアイオリソースを入れてみる。
最後はスープを残しておいてバケットを浸しながら食べる。

12

レタスはしゃぶしゃぶして食べてください。シャキシャキ感がおいしいです。バケットにアイオリソースを塗って浸すのもオススメ

コツ・ポイント

工程や材料も多いですが、
それでも食べる価値のあるお鍋です。
鯉以外でも、鯛やスズキなどの白身魚で代用できます。
アイオリソースを入れると味が変わりたくさん食べることができます。
ご飯の代わりにバケットを浸して食べてみてください。

このレシピの生い立ち

【レシピ考案者】小林市地域おこし協力隊 甲斐 崇悟さん
小林市では鯉を鯉の洗い、鯉こくなどで食べます。こんなにおいしい魚を一つの料理だけで使うのはもったいない。思い切ってフランス料理にしたところ、地域の皆さんに感激して食べていただけました。
レシピID : 4181033 公開日 : 16/11/14 更新日 : 16/11/15

このレシピの作者

まちをあげて「健康」に取り組む宮崎県小林市が贈るヘルシー料理レシピ集。具材は「水と食の宝庫」と言われる小林の多彩でおいしい農畜産物たち。南九州独特の食文化も取り入れたレシピも公開します。(協力:小林市食生活推進員の皆さん、小林市地域おこし協力隊、市民の皆さん)。「移住促進PRムービー "ンダモシタン小林" 」もぜひご覧ください→http://cms.city.kobayashi.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」