クグロフ

クグロフ
バターをたっぷり使った“ブリオーシュの大型版”といった感じの贅沢な焼き菓子クグロフは、意外と失敗なし♪

材料 (直径22センチのクグロフ型)

500g
牛乳
200ml
3個
ドライ・イースト
12g
砂糖
80g
ティー・スプーン半
バター
200g
レイズン
150g
ラム酒
20ml
アーモンド
20粒弱
小麦粉(または分量外の強力粉)
適宜
粉砂糖
適宜

作り方

1

写真

バターは最低でも数時間前から室温に戻しておく(塊のままではなく切っておくと時短に)

2

写真

レイズンはラム酒に1時間以上浸しておく

3

写真

強力粉、ドライ・イースト、砂糖、塩をふるい

4

写真

牛乳、卵とともにフード・プロセッサーにかけ(なければボウルの中でよくこねる)

5

ザッと全体が混ざったらバターを3〜4回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせる

6

写真

生地をボウルに移し、レイズンを加えてさっくりと混ぜ合わせ、ボウルにラップをかけて室温で1時間置いた後

7

ボウルごと何度かトントンとテイブルや床で叩いて空気を抜き、ラップをしたまま冷蔵庫に入れて一晩(最低10時間)寝かせる

8

写真

まな板の上などに小麦粉を軽く振り、そこに生地を載せ、両手にも小麦粉をまぶして空気を抜くように生地を丸めていく

9

生地をクグロフ型に合うように平べったくし、真ん中に指で穴を空けリング状にする

10

写真

クグロフ型の内側全体に分量外のバターをすり込み、底の部分に型のくぼみに合わせてアーモンドを1個ずつ置く

11

型に生地をそっと入れ、ラップをかけて室温で1時間半〜3時間、自然発酵させる

12

写真

1.5〜2倍くらいまで生地が膨らんだらラップを外し、表面に霧吹きで水を吹きかけ(※焦げ付きと焼き割れ防止)

13

写真

アルミフォイルを被せ、180度に熱しておいたオーヴンで45〜50分焼く。途中、30分の時点でアルミフォイルを取り除く

14

焼き上がったらすぐに網の上などで型から取り出し(※冷めたら型にくっつくので注意)、粗熱を取り、茶漉しで粉砂糖を回しかける

15

2017/7/12「クグロフ」の人気検索でトップ10入りしました!

コツ・ポイント

一晩寝かせなくてもできる時短レシピもあるみたいだけど、寝かせることによって外サクッと中フワッと、という感動の食感と美味しさが家庭でも再現可能だから、面倒だけどこのレシピ通りやってみて♪

このレシピの生い立ち

フランスやオーストリアではクリスマス・ケーキとしても知られるクグロフをクリスマス・シーズンに合わせてと思い。シドニー発行の日本語フリペ「月刊ジャパラリア」(www.japaralia.com)2016年12月号でもご紹介♪
レシピID : 4184017 公開日 : 16/11/16 更新日 : 17/07/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/06/11

First tsukurepo mark
写真

私が住んでいた国でもかなり有名でした。美味しかったです。

Amalka

初れぽありがとう! そのままお店で売ってるみたいに綺麗だね♪