鶏味塩 de オージースタイル・ポトフ

鶏味塩 de オージースタイル・ポトフ
チキンブイヨンで下味を張り、羊肉と野菜の素材のだしの相乗効果を狙ったポトフです。
黒こしょうでアクセントを付けました。

材料 (2人分)

じゃがいも
2個
玉ねぎ
1個
人参
2本
トマト
1個
小松菜又はセロリ
1束
羊肉(ロース)(厚切り)
200g
鶏だし塩スープ 鶏味塩
大さじ2~3杯
黒こしょう
小さじ1杯
800cc

1

じゃがいもは1/4カット、玉ねぎは1/2カット、トマトは1/2カット、人参や小松菜は食べやすい大きさに切ります。

2

鍋にオリーブオイルを入れて、最初に人参とじゃがいも、トマトを中火で焦がさない様に蓋をして、蒸し焼きにします。

3

次に、玉ねぎ、小松菜、ローリエの葉を入れて、更に蒸し焼きにします。別のフライパンで羊肉を焼き目がつく程度焼いておきます。

4

鍋に羊肉、水800ccと鶏だし塩スープ、そしてオリーブオイルを少量入れて中火でコトコト煮込みます。後半は弱火で煮込む。

5

スープにしっかりと素材のだしが出てきたら、黒こしょうを振りかけます。最後に塩加減をみて鶏だし塩スープを足して出来上がり。

6

お薦めの食べ方①
まずは、出来上がった、スープそのままで頂きましょう!

7

お薦めの食べ方②
取り分けた後、お酢を少々入れて酸味を楽しみましょう!なんとなく、酸辣湯(サンラータン)に近くなります。

8

お薦めの食べ方③
タイの唐辛子(プリックポン)があれば入れてみましょう!ロングトーンな辛味がガツんと効きます!

コツ・ポイント

◆予め、野菜を蒸し焼きにすることで、野菜のうま味やだしが凝縮されます。
◆鶏だしをベースに、牛肉のだしと合わさると、とても深みが出ます。
◆燻香が欲しい時は、厚切りベーコンに替えても美味しいです。

このレシピの生い立ち

ポトフというと野菜が中心で、燻香漂うソーセージなどを使う事が一般的には多いのですが、今回のテーマは「オーストラリアを感じる」という事で、オーストラリアの大地や牧草を感じさせる「ラム肉」を使っての香り豊かなポトフが生まれました。
レシピID : 4195995 公開日 : 16/11/22 更新日 : 16/12/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」