マシュマロフォンダント シュガーペースト

マシュマロフォンダント シュガーペースト

Description

マシュマロから作るフォンダントなので、既製品よりも味が柔らかです。フレーバリングオイルなどを混ぜて味を楽しむ事もできます

材料 (10インチケーキをカバーできる量 : 分量(アメリカ/日本))

マシュマロ
16oz / 453g
粉砂糖 (ふるいにかけておく)
5cup / 625g
1Tbs / 20ml

作り方

1

写真

下準備として、スパチュラ(へら) とボールにショートニング塗る、もしくはスプレーオイルを塗ってください。

2

写真

マシュマロをボールに入れ、水を入れ軽く混ぜてマシュマロに水をからませる感じで混ぜる

3

写真

ラップはせず様子を見ながら約30秒電子レンジにかけて、一度出して混ぜる。(熱くなってくるので、火傷に気をつけてください)

4

写真

3のように様子を見ながら30秒電子レンジにかけて、出して、混ぜてを何回か繰り返し、写真のように完全に溶けるまで混ぜる

5

写真

粉砂糖を1cup(125
g)づつ入れて、全部で5回、入れて混ぜてを繰り返す。

6

写真

粉砂糖を入れるたびによく混ぜる

7

写真

4回目くらいからスパチュラ(へら)で混ぜるのが困難になってくるので、手(食品用手袋可)にショートニングを塗り、手で捏ねる

8

写真

5回目の粉砂糖は様子を見ながら足す。このようにまとまった時点で粉砂糖を足すのをやめ、捏ねまとめる。

9

写真

フォンダントの表面にショートニングを塗り、ラップをし、冷めるまでしばらく寝かせてから、色をつけるなどして使用して下さい

10

写真

カップケーキのトッパーをつくったり

11

写真

アイシングクッキーのアクセントに使用したり

12

写真

フォンダントでケーキをカバーしたりもできます。お花や葉っぱ部分はマシュマロフォンダントにガムペーストを足して作りました

13

写真

かわいいモデリング(フィギュア)を作る事もできます。

14

写真

フォンダントでカバーしたミニクリスマスケーキも作れます

コツ・ポイント

分量は左 アメリカ/ 右 日本 になってます。とにかくくっつきやすいので、スプレーオイルやショートニングを駆使しながら作って下さい。温度や湿度により固さが変化する場合がありますので、粉砂糖を少なめ、多めに入れてご自分で調整して下さい

このレシピの生い立ち

マシュマロフォンダントは固さが難しいので、何度も何度も作って分量を研究しました。
レシピID : 4212008 公開日 : 16/12/01 更新日 : 18/06/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

18/10/25

写真

アイシングクッキーの飾りにしました♫とても可愛くできました。

ミニドラゴンまま

可愛いくできましたね!色々な物作って遊んでみてください。

17/04/09

First tsukurepo mark
写真

初フォンダント!レシピありがとうございます^^またリピします〜

RAM子

とってもかわいいケーキができましたね!ありがとうございます。