発芽玄米の作り方

玄米は便秘にもドカ食い防止にも効くけれど、炊くのが大変。普通の白米の様に炊けるように発芽させよう。栄養もUP。時間はかかるけど漬けるだけ!
Amy Amy

材料 (2人分)

無農薬玄米
3合
竹炭や備長炭
一かけら~
ポットか水筒(速成法の場合)
800m~1L

1

30度位のお湯で玄米をよ~く洗います。発芽のさせ方は3パターンあるのでお好みで。

2

作り方1(速成)。ステンレスの水筒か、電気で保温しない型のポットに35度位の多目のお湯と一緒に玄米、炭を入れる。軽く蓋(発泡するのできっちり閉めては絶対にダメ!)をして18時間位。外気温によっても変わるので様子チェック。途中絶対1回良く洗って湯替。

3

作り方2(ゆっくり)。多目の水に炭、玄米を漬けるだけ。タッパーなどに入れ同じく軽く蓋をする。冷蔵庫野菜室で1日半~2日。朝晩に良く洗い水を替える。冬季なら台所に放置するでもOK。

4

どちらも目では「発芽している!」というのは確認出来ませんが、キチンと内部では変化しています。何となく胚芽の部分がプクっとしているのが判りますが。

5

作り方3、完全発芽法。春、夏なら暖かい所で胚芽の部分がピョンと弾けるまで(伸びるまでではない)漬置き。冬場ならこたつ等使って温度管理する。お湯交換はマメに。完璧にしたいなら水用ヒーターなど入れて流水状態にする。

6

出来上がれば、ここでもよ~く洗って、すぐに白米と同じように炊く。玄米が増量してるので、水は2、30%くらい多めに。発芽玄米は臭いがあると言われるけれど、この方法だとホントに臭いなし。好みの柔らかさになるまで自分流にいろいろやってみて下さい。

7

*発芽させた状態で冷凍できます。6ヶ月位はOKとのこと。

コツ・ポイント

白米と混ぜて炊いても良い。粟や稗も美味しい。炭を入れるのがコツ。作り方2は発芽が浅い感じだけど、殆ど臭いが無くてお気に入り。ポットは口の広い方が洗うのに便利。

このレシピの生い立ち

買うのは高いので、家で作ってみようと思ったから。
レシピID : 42270 公開日 : 02/02/16 更新日 : 08/03/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/02/15

First tsukurepo mark
写真

作り方1で☆冬なのに1日で発芽するなんて、時短で助かります♡

ココ❇︎ママ

Profile Amy 2015年02月15日 01:47
つくれぽありがとうございます(^_^)。