ポリ袋でスペアリブの柔らか煮+あれこれ!

ポリ袋でスペアリブの柔らか煮+あれこれ!

Description

「ポリ袋」を使って真空に近くする料理を見ました。マイタケといっしょで肉がすごく柔らかくなり応用自在!

材料

スペアリブ
4本(300グラム前後)
醤油
大さじ2
大さじ2
マイタケ
半袋
応用の材料
1・卵
2個
2・豚肉ブロック
500グラム前後
2.マイタケ
1袋
高温に耐えるポリ袋(確認して使う)

作り方

1

写真

スペアリブとマイタケです。マイタケは小さく裂きます。マイタケの成分が肉を軟らかくするそうです。大きなポイント。

2

写真

ポリ袋は、表示を見て、高熱でもOKなものを使います。

3

写真

ポリ袋を広げて、底に半分のマイタケを置き、スペアリブをのせて、残りのマイタケを置きます。

4

写真

そこへ、調味料を全部入れます。

5

写真

袋を破らないように、手で押さえながら調味料をなじませます。

6

写真

このように口をしばります。できるだけ空気を抜いてしっかりしばり、お湯の中に入れます。気泡が立つ程度の火加減で20分。

7

写真

ポリ袋を開くとこうなっています。汁はおいしいので、残りは取っておきます。

8

写真

応用1.卵2個を溶いて、残り汁大さじ3を加えて、ポリ袋に入れて10分、同じようにします。

9

写真

形は不細工ですが、なめらかでおいしいです。味は好きにします。

10

写真

応用2.豚肉のブロックにフォークでぶつぶつと穴をあけます。

11

写真

マイタケを裂いて、ブロックを入れて、同じ調味料で同じようにして、40分火を通します。

12

写真

チャーシューのようになります。まいたけもおいしい。これを作る時は自分の味を決めてからの方がいいです。

コツ・ポイント

高温に耐えるポリ袋を使うこと、一旦お湯にしてから、火を通す間は、「気泡が出る程度」の温度であること、だけがポイントです。
調味料は一般の食卓の量にして作りました。1人用はあまり作らないので。
我が家は軽い落としブタも使っています。

このレシピの生い立ち

これから、どんなことができるか、わくわくしています。どんどん試します。失敗なしです。
「ダイゴ」さんのギタリストさんだそうですが、料理方面の免許もお持ちで、すごいですね。
レシピID : 4241373 公開日 : 16/12/17 更新日 : 18/03/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

2016/12/21

First tsukurepo mark
写真

とっても美味しかったです✨応用の卵もいい感じでした(*´ェ`)ノ

ちゃ~む★

ありがとうございます。新発見ですよね。れぽ感謝です。