鶏味塩 de お雑煮(東北版)

鶏味塩 de お雑煮(東北版)
鶏味塩と和風だしで作る、根菜いっぱいの具沢山のお雑煮です。
江戸雑煮とは違い、野菜と鶏肉のだしが美味しいお雑煮です。

材料 (3~4人分)

鶏もも肉(一口大に切る)
300g程度
【A】大根(千切り)
1/3本
【A】にんじん
1/2本
【A】ごぼう(ささがき)
1/3本
干しシイタケ
6個
干ししいたけの戻し汁
300cc
三つ葉
適量
お持ち
必要量
【B】しょうゆ
大さじ3杯
【B】鶏だし塩スープ 鶏味塩
大さじ3杯
【B】暖雪釜炊き五香だし
大さじ5杯
【B】酒
大さじ3杯
1200cc

1

鍋にお湯を沸騰させ【A】を入れてさっと茹でます。一旦ザルにあけて水を切り、粗熱を取ります。

2

粗熱が取れたら、軽くしぼってビニール袋に入れ冷凍庫に入れて凍らせる。
干しシイタケを水300ccで一時間程度戻します。

3

鶏もも肉に酒をふって軽く揉む。
水1500cc(1200ccの水+300ccの干しシイタケ戻し汁)を沸騰させる。

4

そこに鶏もも肉を入れる。ひと煮たちしたら凍ったままの【A】と、戻した干しシイタケを入れて更に煮込みます。

5

調味料【B】を入れ、鶏もも肉に火が通ったらお椀に盛り付け、焼いた餅をのせて、三つ葉をのせて出来上がり。

コツ・ポイント

◆いったん野菜を下処理した後、冷凍庫で凍らせると、しっかりとだしが染込み、美味しくなります。
◆鶏だしと和風だしのコンビネーションは、深みのある味わいと、かつお節、昆布、シイタケ、煮干の風味が高貴な味わいを演出します。

このレシピの生い立ち

元々は関東~東北に伝わる鶏だしのあっさりとした「だし」をベースに、大根やゴボウ、そして人参といった根菜のうま味を引き出すために考案したお雑煮です。
あっさりとした江戸雑煮に、ボリューム感(食べた感)をプラスしたレシピとなっています。
レシピID : 4250228 公開日 : 16/12/22 更新日 : 16/12/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」