年越し蕎麦をポリパン®︎で作ろう!

年越し蕎麦をポリパン®︎で作ろう!

Description

年越し蕎麦が誰でも簡単に手軽にポリ袋で作れちゃいます!今年の年越しはポリパン®︎で蕎麦打ち!

材料 (二人分)

そば粉
150g
50g
80-90cc
打ち粉 (そば粉)
適宜
熱湯
たっぷり

作り方

1

写真

ポリ袋にそば粉150gと強力粉50gを入れ、袋に空気を入れて口を閉じてよく振る。

2

写真

ポリ袋に水85ccを一気に入れ、ポリ袋に空気を入れて口を閉じて激しく振る。サラサラになる。水加減は季節よって変わる。

3

写真

小さじ半分くらいずつ水を入れて、激しく振るを繰り返す。

4

写真

だんだんダマが大きくなってくる。このくらいになったら、水を足すのをやめて振り続ける。

5

写真

振り続けるとこのようになる。更に振り続ける。

6

写真

カリフラワーのようにひとかたまりになってきたら、袋の上から、練る。

7

写真

ポリ袋の上から回転しながら二つ折りにするようにして、練る。菊練り

8

写真

ポリ袋に入れたまま5分ほど置いてから、台の上に出し、
平たく円にし、麺棒で伸ばしていく。

9

写真

打ち粉を多めに振りながら、30×90cm程度、薄さ2mm位に麺棒で伸ばす。最初は四角く麺棒で押さえるように延ばし始める。

10

写真

打ち粉を打ちながら延ばす。長細くなってきたら、端を畳みながら、一部ずつ薄く延ばす。

11

写真

全体に薄く延ばしてから、打ち粉をたっぷりはたきながら、畳む。

12

写真

畳んでまな板の上に乗せ、紙箱やタッパーで抑えながら、包丁で切る。

13

写真

切った状態。
たっぷり沸かした熱湯で40-60秒ほど茹でる。
直ぐに水に放ち、ザルで水を切る。

コツ・ポイント

水を入れすぎない。粉の45%程度。50%いれると、ベタついて延ばしにくくなる。
ポリ袋て振る時に空気をたっぷり入れて勢いよく振ることで、蕎麦打ちのポイントの水回しが簡単にできる。
茹でるお湯はたっぷり沸かす。茹ですぎないこと。

このレシピの生い立ち

タイミング悪く、お蕎麦やさんになかなか入れない日が続き、しびれを切らして、自分で打ちました。
思ったより美味しくできました。
ポリパン®︎は、蕎麦打ちにぴったり!
レシピID : 4263322 公開日 : 16/12/31 更新日 : 16/12/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」