ペルシャ菓子 ハトゥン パンジェレ

ペルシャ菓子 ハトゥン パンジェレ
ペルシャ風 ローゼット♪イランの揚げ菓子です。少しパリパリしたフレンチクルーラの様で美味しいです♪ペルシャ語で、『貴婦人の窓』と言う意味です。

材料

澱粉(上新粉や白玉粉でも良い)
3/4カップ(150cc)
小麦粉
3/4カップ(150cc)
バニラパウダー(又はバニラエッセンスを少々)バラ水で作る場合は不要
適量
約大4個
ミルク(又はバラ水)
約60~100cc
一つまみ(微量)
粉糖
適量
サラダ油
たっぷり

1

写真

調理器具の説明。日本では、『キューヒライン型』『ローゼット型』と言う名前で、似たような型が販売されています。

2

ハトゥン パンジェレの型を組み立てておきます。

3

写真

小麦粉をふるいにかけておく。

4

写真

澱粉を約大さじ4杯のバラ水かミルク(上新粉や白玉粉は溶け難いので100cc以上は必用。)で溶かしておきます。【白玉粉の場合は、粒状では使いづらいので、フードプロセッサーで、粉末にした物を使う。】

5

写真

別のボールで卵を溶き、塩一つまみと小麦を少しずつ加えながら混ぜます。

6

写真

2つの生地をいっしょにしてよく混ぜます。

7

写真

バニラエッセンスを加えてよく混ぜます。(バラ水で作った場合は不要)少しゆるめの、なめらかな生地になります。

8

写真

組み立てた型を最初は熱した油によく浸して熱くします。型の温度が低すぎると生地がうまく付きません。

9

写真

温まったら火を少し弱めます。
型を生地に入れ、型の3/4くらいまで生地をつけます。

10

写真

約160℃の油に型ごと入れて揚げます。

11

写真

熱い油の中で型を少し揺すると、生地が剥がれ落ちます。

12

写真

この様な感じです。
(油の温度が高すぎると生地が上手く剥がれません。)

13

写真

こんがりしてきたら、ひっくり返して反対面を揚げます。

14

こんがりと焼けたら取り出して油をきって置きます。

15

写真

冷めたら粉糖をたっぷり篩ってできあがりです。(これは別の小さな型)

16

写真

出来上がり。

コツ・ポイント

油の温度や種類により作りやすさや出来上がりに差が出ます。油の温度管理が難しいですが、こまめに火加減を調節して揚げます。

このレシピの生い立ち

イランのラマダンの時に、『バーミエ』などの揚げ菓子と共に、お菓子屋さんで良く見かけました。最もよくみられるのは、3月のイランのお正月だそうです。
『ハトゥン パンジェレ』とは、ペルシャ語で『貴婦人の窓』と言う意味です。型の形が、窓枠に似ていたことからその名前が付けられたと伺いました。イランでは色々なデザインの型が販売されています。
レシピID : 426407 公開日 : 07/09/15 更新日 : 14/04/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/05/16

First tsukurepo mark
写真

はじめて作りました!大量にできるのでパーティに良いですね

hanifa

作っていただきありがとうございます♪