古代伝来♪飛鳥鍋「ガッツリ・ヤング派」版

古代伝来♪飛鳥鍋「ガッツリ・ヤング派」版
1300年前、唐から来た僧侶が飛鳥で食べたとされる鍋が由来の飛鳥鍋を若者向けに♪シメはポリフェノール豊富な黒米リゾット!

材料 (3〜4人分)

鶏もも肉(食べやすい大きさに切る)
300-400g
京あげ(短冊切り)
2枚
ゴボウ(ささがき)
小2本
昆布(出汁用)
10cm
ソーセージ
3~4本
マッシュルーム(薄切り)
3〜4個
水菜(4cm幅)
1~2株
白菜(4cm幅)
1/4個
長葱(斜め切り)
1/2本
牛乳(無脂肪や低脂肪乳等は避ける)
適量
合わせ味噌(からすぎないもの)
目安:スープ1リットルに対し大さじ2杯
おろし生姜
適宜
黒米ごはん(硬めに炊いたもの)
茶碗2杯分
粉チーズ(パルメザン)
適量
黒胡椒
適宜

1

鍋に鶏肉、京あげ、ゴボウ、昆布を入れ、鍋の半分までスープを入れて火にかけ、沸騰直前に味噌を溶き、濃いめの味噌汁状にする。

2

残りの具材を入れて火を通し、昆布を取って鍋の上の方まで牛乳を入れ、弱火にする。お好みですり胡麻、おろし生姜とともに食す。

3

【シメに!】 残ったスープに黒米ごはんを入れて混ぜ、粉チーズ、黒胡椒をかけて食す。※自家製スープの手羽先肉は割いて投入

4

※鶏ガラスープ(分量外):手羽先肉500~700gを1.5~2.5㍑の水で、昆布10g+生姜1片+葱の青い部分で煮出す。

コツ・ポイント

●牛乳を入れたら弱火にする!
●鶏ガラスープに昆布ダシと味噌を混ぜた、薄めの味噌汁状の割下を作っておくと追加時に便利!
●自家製スープの場合「1」の昆布は不要です。
●リゾットは米1/2カップ(白米+黒米大さじ1弱)から煮ると美味しいです。

このレシピの生い立ち

飛鳥鍋好き地元関係者の協力によるレシピです。鍋料理の起源は縄文時代でも、健康や美味を考えた鍋料理の起源は飛鳥時代に遡る!? 10~20代の若者にも満足の「コク」と「ウマミ」を出したヤングバージョンの飛鳥鍋です。(協力:チーム飛鳥鍋の皆さん)
レシピID : 4279837 公開日 : 17/03/02 更新日 : 17/03/02

このレシピの作者

日本発祥の地・古代文化の香り豊かな郷として、豊かな「食」と「農」を紹介します。とくに、古代米(黒米・赤米・緑米)や、ネバ・トロ元気野菜「ツルムラサキ」やをつかったメニューなどを中心にご紹介します。(明日香村では、耕作放棄地対策としても栽培しているツルムラサキを練り込んだ麺も新商品として開発しているんですよ! ぜひ、現地も訪問くださいね。http://www.asukamura.jp

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」