鯛の香草バター焼き~彩り野菜を添えて

鯛の香草バター焼き~彩り野菜を添えて
今日はおはしで食べる「おうち」の「フレンチ」。
ふっくらと仕上がった「鯛の白身」に鯛の「エキス」いっぱいの「香草バターのソース」と「甘み」たっぷりの「彩り野菜」のハーモニーが絶妙です。
でも、今日は、
あっさりのはずだったのに・・・。

材料

鯛切り身
2枚
バター(フランベ時)
10g
フレッシュタイム・ローズマリー
各2~3本
エリンギ
大2本
にんじん
輪切り4切れ
アスパラ
6本
パプリカ
1/4
玉ねぎ
1/4個
白ねぎ
白い部分1本分
牛乳
5ml
バター(ソース用)
10g
小1

1

写真

鯛の切り身はさっと水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取る。皮の部分を上にして、クレージーソルトを皮の部分を中心に片面にだけ強めに振る。野菜は食べやすい大きさにカットし、個別にアルミ箔に包みオーブンで10分位焼いて甘みを引き出す。

2

写真

冷たいフライパンにオリーブオイルを入れ、フレッシュタイムとローズマリーを入れてから中火で熱する。香草の香りが立ってきたら取り出し、鯛の皮を「下」にしてフライパン中央へ入れ強火で焼く。皮に焦げ目がついたら、火を中火にしてバターを入れる。

3

別のフライパンを用意し、オリーブオイル大1・サラダ油小1を弱火で熱する。鯛を焼いている方のフライパンに入れたバターが溶け、鯛の切り身の下1/3位が白く色が変わったら、上記のフライパンへ皮の部分を「上」にして移す。

4

強火にし、白ワインを入れて、蓋をし、一気に蒸し焼きにする。3分で火を止め、余熱で仕上げる。最初のフライパンに残っている鯛のエキスをベースにソースを作るので、蒸し焼きにした方のフライパンの中のエキスは、鯛を仕上げた後、元のフライパンに戻す。

5

ソースベースがある最初のフライパンに白ワインを入れ、強火にし、アルコールを飛ばす。ソースベースが沸騰したら弱火にし、バターを入れてよく溶かし混ぜる。米酢を入れ、よくなじませ、最後に牛乳を入れて、フライパンを回してよく混ぜ、ソースを仕上げる。

6

ホイル焼きにした野菜を新しいフライパンにすべて移し、油を引かず、塩・コショウ・ガーリックパウダーをふり、白ワインを入れて一気に蒸し焼きに。

7

写真

野菜・鯛を盛り付け、ソースをかけて、出来上がり。

コツ・ポイント

●鯛は、硬くなるので長い時間、焼きすぎないこと。
●皮はしっかり焼く。
●スピード勝負なので、準備を全部してから調理にかかること。
●淡白な魚なので、身が厚いときは、クレージーソルトは皮の部分にだけ強めに。

このレシピの生い立ち

「ムニエル」が今晩の第一候補。ただ、あまり良い食材がなく、一転、「マグロのやまかけ丼は?」と。「売り場」には、またまた、良い「マグロ」がなくて右往左往、あれこれと思案していたところ、「鯛」の良いものを見つけたので、時間も遅かったので、即「鯛」に決定。調理方法を考えているときに、フレッシュな香草が手頃な量で、売り場にあったので、安直に「フレンチ」に決定。
レシピID : 428010 公開日 : 07/09/09 更新日 : 07/09/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/04/10

First tsukurepo mark
写真

一口食べた瞬間に「美味い!」と言った夫(^^)おいしかったです♪

ねこらー

皮しっかり焼けてるしおいしそう♡喜んでいただけてうれしいです