骨まで食べる!さんまときのこの炊込みご飯

骨まで食べる!さんまときのこの炊込みご飯
少〜し手間ひまかけましょう。さんまの旨味は残さずいただく!秋の炊込みごはんです♪(活力なべ使用)

材料 (4〜5人分)

さんま
2尾
適量
しめじ
1/2株
土しょうが
小ぶりのもの1個
1/2枚
サラダ油
少々
(a)水
1カップ
(a)酒
大さじ1
(a)醤油
小さじ1
2カップ
2カップ−(b)の調味量大さじ2
(b)醤油
大さじ2
大さじ1
ひとつまみ
ごま
大さじ1
青ネギまたは大葉
適量

1

下ごしらえ。米は洗ってから水に30分程浸し、その後よく水を切っておきます。さんまは頭、はらわたと血合をとり、水で洗って水気を取っておく。4cmくらいの輪切りにして塩をふり15分程冷蔵庫に冷やしておきます。

2

しめじは1本ずつにわける。土しょうがは千切りに、うすあげはみじん切りに刻んでおきます。

3

フライパンに少量のサラダ油をひき、さんまの両面に焼き色がつくまで焼き、その後(a)の調味料と共に活力なべに入れます。

4

圧力調理♪オモリは高圧で強火で加熱→オモリが振れだしたら弱火で15分加熱→火を止め、余熱調理。

5

(4)の調理が終わったら、蓋を開けてさんまをバットに取り出し、茹で汁を捨てます。そのなべに米と下ごしらえしていた具材、さんま、(b)の調味量を加えて再度圧力調理。

6

オモリは低圧で強火で加熱→オモリが振れだしたら弱火で1分加熱→火を止め、余熱調理。

7

写真

炊きあがり♪ごまをふりおころがしする。(※この時さんまを崩したくない場合はよけておいてね。)茶碗に盛り、薬味をそえて出来上りです!

8

写真

焼きさんまで作ると、煮崩れしにくく、より香ばしく炊きあがりますよ♪(これはおから星人さんのアレンジ案です。ありがとう!)

8

コツ・ポイント

今回はワタを取って万人向きに。新鮮なさんまで臭みが無いようなら(5)の茹で汁を米を炊く時に使ってもOK!その場合は茹で汁+だし・調味量=2カップにしてください。梅干しを添えても美味しいよ♪
※圧力なべは色々なメーカーのものがあります。このレシピはあくまでも目安に。お持ちの圧力なべの調理時間で作ってくださいね。

このレシピの生い立ち

魚の炊込みごはんは、ほぐして骨を取るのが面倒だ!と思って。
でも圧力2回調理とどっちが手間なんだろ?笑
レシピID : 428204 公開日 : 07/09/11 更新日 : 08/09/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (4人)

11/10/03

写真

リピです(^-^✿)今回もとっても美味しく完食しました!

xxyuzumikanxx

掲載が大変遅くなり申し訳ありません〜!リピートして頂いて嬉しい限りです♪

11/07/22

写真

冷凍サンマだけど美味しく出来ました♪骨まで柔らか手間かけて正解!

xxyuzumikanxx

掲載が大変遅くなり申し訳ありません〜!つくれぽ感謝です♪

08/10/26

写真

ちゃんと出来るか心配だったけど味もしっかりしてておいしいー♬

sakulaco

気に入ってもらえて嬉しい♪sakulacoさんありがとう!

08/09/05

写真

焼けた秋刀魚、しめじ、胡麻、おこげすべてが香ばしくてはまり味^^

おから星人

焼き秋刀魚のご飯、わたしも挑戦しなきゃね!いつもありがとう♪