秋味 栗の渋皮煮

秋味 栗の渋皮煮
手間と時間は掛かるけれど難しい作業はありません。甘さ控え目でほんのり洋酒の香りを纏った渋皮煮。とても美味しい秋味です♪

材料

好きなだけ
砂糖
栗正味重量の50%
大1×3回分

1

写真

栗は水に入れ沈んだ栗のみ使います。(浮いてきた物には虫が入っています。)栗を一晩水に漬ける。(もしくは熱湯に入れて2~3時間置く。)そうすると鬼皮が剥き易くなります。

2

写真

渋皮に傷を付けない様に鬼皮を剥く。(渋皮に傷が付くと煮ている内に皮がめくれて来ます)剥いた物から水に漬けて行く。煮る前に栗の総重量を計っておく。(砂糖の量を決める為)

3

写真

鍋に栗と重曹大1(栗正味1kg時の目安。それ以上だったら増やしてそれ以下だったら減らして下さい。)を入れ、栗が被るくらいの水を入れます。中火にかける。

4

写真

沸騰したら弱火にして(グラグラ煮立たせない)10分煮る。その後水を捨て、鍋の中に水を流しながら(強い水流はNG)すすぐ。(写真は煮ている所。魔女の毒入りスープの様・・。笑)

5

3.4の作業を3セットする。水の入れ替え作業は丁寧に行って下さい。でないと渋皮に傷が付いて栗が崩れる要因になります。

6

写真

栗の渋皮&筋取り。(5を終えた時点で、ほとんどの渋皮は取れてしまっていると思います。)残っている渋皮・筋を指の腹を使い優しく擦りながら取って行きます。

7

再度鍋に栗と被るくらいの水を入れ中火にかける。沸騰したら弱火で10分くらい煮て水を捨てる。これを栗のエグさが無くなるまで繰り返す。(大体3回くらい)

8

栗と被るくらいの水、砂糖(半量)を入れ中火にかける。沸騰したら弱火に。途中数回に分けて残りの砂糖を加えながら、栗が好みの固さになるまで煮る。

9

写真

仕上げにブランデー(基本栗1㎏につき大1)入れ軽く煮たら火を消す。そのままの状態で一晩置き味を馴染ませる。出来上がり♪

コツ・ポイント

全体を通し、栗を煮ている時は鍋の中をグラグラ煮立たせない様にして下さい。砂糖は何回かに分けて入れて下さい。1度に入れると栗が固くなる事があります。(小豆の場合と一緒)レシピの砂糖量は甘さ控え目になっています。お好みで増減して下さいね。

このレシピの生い立ち

作り続けているうちにどんどん変化して行った作り方です。今現在の作り方がこちら。作業を簡略する事は出来ますが、時間は掛かっても丁寧に作った方が断然美味しいです。せっかく栗剥きを頑張るのだから、最後も出来るだけ美味しく食べたいですよね♪今回は正味2.5㎏作りました。頑張った私☆(笑)
レシピID : 428676 公開日 : 07/09/11 更新日 : 07/12/26

このレシピの作者

ご訪問ありがとうございます。
のんびりマイペースに活動させて貰っています。
随時レシピ見直し中。

■使用オーブン HITCHIヘルシーシェフ MRO-DV2000

■無断転写ご遠慮願います    

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

870 (740人)

18/10/01

写真

ゆきらいんさんの渋皮煮レシピ人気上位で発見!お世話になりました♪

subaru2007

18/09/30

写真

初渋皮煮です!手間かかりますが出来た時の感激が♡美味しく頂きます

Mikko6

18/09/27

写真

今年もお世話なりました*甘すぎず、そのままでもお菓子にしても◎

tama0902

18/09/24

写真

今年も仕込みました!大人気♪

さをを

1 2 3 4 5