ブラックバスの唐揚げ

ブラックバスの唐揚げ
ブラックバスだと知らずに、唐揚げとして料理しました。家族は、白身魚の唐揚げだと思って、美味しいと完食してくれました♡

材料 (ブラックバスの唐揚げ)

ブラックバス(60サイズ)
半身
適量
魚の身が入るビニール袋
1枚
チューブのニンニク
8センチ位
チューブの生姜
8センチ位
焼肉のタレ
大さじ3
味付き唐揚げ粉100g入り、又は片栗粉で代用可能
1袋または適量
適量

1

下処理その1
熱湯をしっかりかけてから、全てのヒレを切り取り、水を流しながら、鱗をしっかり取り去る。
  

2

写真

下処理その2
内臓を出して、水で血合いをきれいに洗い流します。
頭を落とし、3枚に下ろします。

3

半身を、一口サイズに切り、塩を、適量ふりかけ、たたいてなじませる。
その後、少し大きめのビニール袋に入れる。

4

ビニール袋の中に、チューブの生姜とニンニクを、それぞれ8センチくらい投入する。
まんべんなく、もみ込んで、なじませる。

5

その、ビニール袋の中に、市販の焼肉のタレを、大さじ3入れる。
魚の身にいきわたるように、軽くもみ込んで、しばらく待つ。

6

市販の唐揚げ粉(100g)のうち、適量を少しずつ、袋の中に投入し、ビニール袋を振りつつ、全ての魚の身になじませる。

7

唐揚げ粉が、しっとりとなじむまで、しばらく置いて待つ。唐揚げ粉によっては、待機時間があるので、従うとふっくら感が増す。

8

揚げ油を、160度から170度に熱して、3〜4分くらい、色づくまで揚げる。

コツ・ポイント

熱湯をかける下処理をしないと、ウロコの下にある臭い匂いが、とれないようです。

でも、わたしは、ブラックバスだと思わなかったので、包丁で、ウロコを取りました。

調理中は、独特な匂いがしましたが、揚げた後は、匂いはしませんでした。

このレシピの生い立ち

私が、いただいた魚は、頭を落とした骨つきの半身でしたが、50センチありました。

私は、鯉だと思い込んでいて、ちょっと泥くさいかな?と思い、サバの唐揚げと同様のレシピで、作ってみました。

後日調べてみたら、ブラックバスでした(≧∇≦)。
レシピID : 4289643 公開日 : 17/01/15 更新日 : 17/01/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」