黄色のゴーヤパン・・天然酵母

黄色のゴーヤパン・・天然酵母
少し赤くなりかけたゴーヤを生地に練りこみました。ゆでて使ったら苦味のないパンになりました。

材料 (小さい12個)

小さじ1強
自家製天然酵母種
200g
150cc
黄色いゴーヤ
大きめ1本(茹でて180g)

1

ゴーヤは茹でておきます。熟れたゴーヤは刻まなくても粉々になります。水気を絞っておきます。

2

パンこね器でこねます。ゴーヤの水分で水の量が変わります。水はいつもより少なめに入れたつもりだったのですが、まだ生地が柔らかかったのであとで20gほど粉を足しました。

3

一晩発酵させます。分割して丸めベンチタイム10分、その後形を整え1~2時間仕上げの発酵をさせます。今日はゴーヤの形を目指しましたが・・・・

4

230度のオーブンで12~13分焼きます。焼く直前に切込みを入れます。今日は蒸気をかけてフランスパンのように焼きました。なので、ピカピカつやのあるパンになっています。

コツ・ポイント

水分を上手に加減してください。

このレシピの生い立ち

ゴーヤはちょっと畑に行かなかったらすぐ赤く熟れてきます。
今日のは、薄緑色になった大きなゴーヤをもらって、でっかいなあ!!・・・と思って、一晩たったら赤く熟れてきて普通の料理に使えなくなったもの。せっかくもらった物を捨てるのももったいないし・・と冷凍していたものを茹でて使いました。種の周りの真っ赤な部分も使いました。
レシピID : 429678 公開日 : 07/09/13 更新日 : 07/09/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」