道産子秘伝のイクラの醤油漬け

道産子秘伝のイクラの醤油漬け
店のイクラ醤油漬けよりは絶対美味いです!!スダチの風味がほんのりとし絶品。作業は15分程度で簡単なのでぜひ自分で作ってみる価値大のレシピです。

材料

生筋子(皮つき)
1~2腹
醤油
大さじ3
大さじ1と1/2
昆布だけのだし汁
大さじ3
大さじ3
すだち又はカボスの皮の千切り
小さじ1~2
割り箸
4本(バラで)

1

まず、塩水を準備する。鍋に1000ccの水にお塩40gを入れ火にかけ40℃~50℃の暖かい塩水を作る。次に別のボールに同じく1000ccの水に40gのお塩を入れ塩水を作る(こちらは暖めません)。

2

*重要*ただし両方ともしっかりお塩を水に溶かしてください!海水程度の濃さになります 次に漬け汁を作る。醤油、みりん、昆布だけのだし汁(水に5cmくらいの昆布をつけて15分程度おいたもの)、酒、すだちの皮の千切りを全て混ぜ合わせておく

3

写真

鍋の暖かい塩水に生筋子を直接入れ、手で軽くほぐす。次に割り箸4本を写真のようにもち(要するに箸同士を少し離す)鍋の中でグルグル1分くらい回す。そうするとさらに筋子がほぐれてきます。ここで完全にほぐれてなくてOK!!そうして一度ザルにあげる。

4

新しいボールを準備し、先ほど作ったボールの塩水(暖かくない方)の1/3を入れ、そこにザルにあげたイクラを入れ、また割り箸で同じようにグルグルと1分回す。回したらイクラをザルに上げ、また同じ作業をあと2回行う。(ボールの塩水がなくなるまで)

5

あとは、2の漬け汁にザルにあげたイクラを入れて、表面に浮いてきた皮は取り除き冷蔵庫で漬け込む(5時間~7時間漬け込む)

6

漬け込みが終わったら、またザルにあげる。その後はお好きなように食べて下さい!食べきれないものは冷凍できます!(小分けにしてラップに2重にしてくるみ、フリーザーパックに入れて冷凍。数ヶ月はOKです!)。

7

冷凍しなくても冷蔵庫であれば2日はOKですよ!参考までに我が家のイクラ丼は暖かいご飯の上に鰹の角煮をほぐし、錦糸玉子、とイクラをのっけてます。鰹の角煮がなければ、鰹節に醤油を少々かけたものでも大丈夫です。あとはお好みで盛り付けてください。

8

9

コツ・ポイント

暖かい塩水の温度40~50℃は必ず守ってください。また、この塩水でほぐす作業は手早くしてください。最初に手でほぐすときはあまり気にしないで大雑把にほぐして大丈夫ですよ。また、割り箸でグルグルとかき回す時は大きく回してくださいね。割り箸の握り方は、ぎゅっと4本を一まとめにしないようにさえすれば、どんな持ち方でもOK(箸と箸の隙間をつくらないとほぐれないので)。

このレシピの生い立ち

母が昔から作っていて美味しかったので譲り受けました。
レシピID : 430274 公開日 : 07/09/15 更新日 : 07/09/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」