自分で作ろう♪「さんまのお刺身」

自分で作ろう♪「さんまのお刺身」
脂の乗った「さんま」、
自分でお刺身にして、家族に自慢しちゃお~!(^-^)/

材料 (2人分 )

さんま
1尾

1

写真

お刺身にするので、新鮮なさんまを用意して下さい。
包丁の背で、さんまの尻尾の方から頭の方へ軽くこすってウロコを取り、水で流しておきます。

2

写真

ます、包丁でさんまの頭を落とします。

3

写真

さんまのお尻の穴から、キッチンバサミで頭の方まで切れ目を入れ、内臓を取り出して洗っておきます。
(包丁で切ってもかまいませんが、キッチンバサミの方が綺麗に切れます。)

4

写真

さんまに切れ目を入れます。
尻尾の方まで入れて下さい。

5

写真

さんまをひっくり返して反対側にも切れ目を入れます。
背びれを挟んで、平行になるように切れ目を入れます。

6

写真

お腹側も、腹ビレを挟んで上下に切れ目を入れます。

7

写真

腹ビレの方から、包丁が入る位の穴を開けます。
(穴を開けるだけで、身を切り離さないで下さいね。)

8

写真

包丁の刃を左に向け、左手でさんまの尻尾を持ったまま、
包丁をさんまの頭の方へ引いていきます。

9

写真

身が骨からはがれたら、最後に尻尾の部分の身を切り離します。

10

写真

これで、「三枚おろし」の完成です。

11

写真

包丁で、腹骨をそぎ取ります。

12

写真

「骨ぬき」で、さんまの中骨を抜きます。
骨の所を指で軽くなぞって確認しながらやるといいですよ。

13

写真

次は、さんまの皮をむきます。
さんまを身を上にしてまな板の上に置き、尻尾の所に切れ目を入れます。
(皮まで切らないように、気をつけて下さいね。)

14

写真

さんまの皮を左手で押さえながら、包丁を右の方へゆっくり動かしながら、身を皮からはがしていきます。
皮が切れないように、包丁の背を使って下さいね。

15

写真

皮をはがした「さんま」は、こんなに綺麗です。
(このままラップで包み、冷凍保存も出来ますよ。)

16

写真

包丁を引きながら、さんまを切ります。

17

写真

お皿に盛って、お好みでネギ、しょうがを添えて、出来上がり♪
自分でさばいたお刺身は、ひと味違いますよ。(^-^)

コツ・ポイント

出来るだけ新鮮なさんまを使って下さい。
鮮度が落ちてくると、身が柔らかくなってしまい、さばきにくくなります。
包丁は、出刃包丁でなくても、普通の包丁でかまいません。
よく切れるように、研いでおくといいですよ。
(少しのお水を流しながら、お皿の裏で包丁の刃を数回往復させるだけでも、切れるようになります。)

このレシピの生い立ち

大好きな「さんまのお刺身」。
・・・でも、買うと結構高いので、自分でお刺身にしてみました。
1尾分100円以下で、立派な夕飯のメインになりました♪
レシピID : 430986 公開日 : 07/09/28 更新日 : 07/09/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
マリンバ♪ 2010年09月07日 17:25
シルバーピアス さん

 はじめまして。 マリンバと申します。
 このたび、自分で作ろう♪「さんまのお刺身」作らせていただきました!!
 詳しい図解で、隣で手取り足取り教えていただいたようで すごく感動しております!!
 秋刀魚などのヒカリモノ大好き人間としては神的レシピです!!!
 骨に身がたくさん付いて「食べるところがなくなるー」なんて焦りながら作りましたが
 『自分でお刺身にして、家族に自慢しちゃお~!(^-^)/』
 と冒頭にあるように自分でお刺身が作れたことほんとに誇れます!!
 さんまが美味しくなるこれからの時期、おもてなしにも使わせていただきますネ♪

 素敵なレシピ本当にありがとうございました♪