しあわせな朝ごはん♪ワッフルハウス

しあわせな朝ごはん♪ワッフルハウス
お菓子のおうち・・・誰もが一度は憧れますよね♪
「50回目のキス」という映画の中でドリューバリモアが演じる主人公ルーシーが喫茶店で「ワッフルハウス」を組み立てます。
そのイメージで作りました☆☆☆☆☆

材料 (20~30個分)

薄力粉
400g
砂糖
90g
L3個
サラダ油(バター可)
80cc
20g
牛乳
340cc
ひとつまみ
チョコレートなど飾り
お好きなもの

1

写真

薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるっておきます。

2

写真

そこに、砂糖・塩・卵・はちみつ・牛乳・サラダ油を入れます。

3

写真

泡だて器でしっかり混ぜます。ドロッと粘り気があるほうが美味しいワッフルが焼けますよ。

4

写真

私の場合はいつも前日の晩に生地を作っておいて冷蔵庫で寝かせておきます。
そうすると朝起きたら焼くだけなので・・・
少し粘りが強くなる気がします。

5

写真

ワッフルメーカを温めておいて適温になれば生地を大き目のスプーンで入れます。

6

写真

一度焼けだすとあっという間に次々を焼けていきます。
私は四角に焼くよりも小さめに焼いて「マネケン」みたいな形が好きです。
ワッフルシュガーというのを入れると表面がパリッとしますよ。(高いけど)

7

写真

ワッフルの断面。
外はしっかりで、中はフワフワが理想。
表面のでこぼこが生クリームなどをたっぷり受け止めるのでワッフルサンドイッチなんかも最高♪

8

写真

ベーグルのタワーに憧れて・・・・ワッフルのタワーを作ってみました(@^^@)えへっ!

9

写真

私が使っているワッフルメーカーです。
2300円ぐらいで購入しました。
ホットサンドも作れるけどワッフルを焼くことのほうが多いですね。

コツ・ポイント

このワッフルの食感は「表面サックリ」でも「ふんわり」で「しっとり」です。食べ応えがあるほうがすきなので粉の分量が多い目。バターでつくると香りがよくなります。(我が家ではいつもバターがないのでサラダ油で代用してますが美味しく焼けますよ。) *ワッフルハウスを作るには四角に焼いたワッフルを4枚使います。 3枚を半分に切って屋根と壁に使い、1枚を天井部分に使用。 爪楊枝で固定してます

このレシピの生い立ち

ワッフルメーカーに載っているレシピだと食感が私好みでなかったため
レシピを作り変えました。
パンのような食感の固いワッフルよりも「アメリカン」のふんわりワッフルが好みなのですがあまりに「サックリ」しすぎると何枚食べても食べた気がしないのでちょっとお腹がいっぱいになるレシピ。
今回はチョコレートソースをかけてみましたが、普段はたっぷりの生クリームにジャムやフルーツを添えていただきます。
レシピID : 431068 公開日 : 07/09/16 更新日 : 07/09/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」