酢〆ミルクフィッシュのカリカリ揚げ

酢〆ミルクフィッシュのカリカリ揚げ
フィリピンでよく食べられる魚ミルクフィッシュ。サバで代用してみてください。

材料 (2人分)

ミルクフィッシュ(鯖の一種)
1匹
5~7片
1/2~1カップ
たっぷり

1

写真

フィリピンをはじめ東南アジアでとれるミルクフィッシュと呼ばれる魚は鯖の一種。日本でなら鯖で代用してください。
がしがしと包丁の背でうろこをとります。

2

写真

はさみでお腹からじょきじょき開きます。頭もはさみでじょきじょき。血合いをよく取って、開き、2つに切ります。塩をたーっぷりふり、つぶしたにんにくをのせ、かぶるくらいに酢を入れて2日ほど漬けます。ときどき返します。

3

写真

これをたっぷりの油で炒め揚げにします。はねるので注意。かりっかりになるまでよーく揚げます。ガーリックライス、トマトと卵のスクランブルと一緒に食べるとたまりません。

コツ・ポイント

開き方はお腹からでも背中からでもOK。骨はついたままです。あまり流水で洗いすぎると脂のおいしいところも流してしまうので注意。漬け込む時間は1日~3日くらいまでだいじょうぶ。〆サバを焼くのと同じ感覚です。にんにくはたっぷりのせると風味が効いておいしいです。揚げるときはカリカリになるまで辛抱強く。にんにくといっしょにご飯をバターで炒めたガーリックライスがすごく合います。

このレシピの生い立ち

フィリピン人の知り合いに教えてもらいました。東南アジアではよく見かける魚です。すごく安い。骨が大きいので食べやすいサバによく似た魚です。
レシピID : 431936 公開日 : 07/09/18 更新日 : 07/09/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」