栗の渋皮煮

栗の渋皮煮
我が家で採れた栗ちゃんたち。数は少ないけど、大きさも形もマズマズなので、時間はかかっても美味しく食べたくて、毎年作っています。
おかげで「秋の味覚といえばkaerururuの渋皮煮」っていうのが定着してきました。

材料

30個
砂糖
300g
小さじ2
大さじ1
塩(入れなくても)
一つまみ

1

栗をよく洗い、一晩水につけておく

2

皮付きのまま10分茹で、そのまま冷めるまで置いておく。

3

渋皮に傷をつけないように、とがった方から少しずつ鬼皮を剥く。一度に大きく剥くと割れたり、傷がついたりするので注意。

4

大きめの鍋に栗とヒタヒタの水を入れ、重曹小さじ1を加えて、弱火で20分煮る。

5

水を換えてヒタヒタの水だけで20分煮る。

6

水を換えて、重曹小さじ1を加えたヒタヒタの水で20分煮る。

7

更に水を換え、ヒタヒタの水だけで20分煮る。煮汁を舐めてみて、渋味が気になれば、もう一度水を換えてヒタヒタで20分煮る。

8

鍋の水を換えて、適宜水を使って優しく洗いながら、筋状に残った皮を綺麗に取り除く。指の腹を使いながら、傷に注意して。

9

鍋を綺麗に洗い、栗とヒタヒタの水、半量の砂糖をいれ、キッチンペーパーで落し蓋をして沸騰後弱火で10分煮る。火を消して2時間そのまま。

10

残りの砂糖と塩・蜂蜜を入れ、沸騰後弱火で10分煮る。火を消して2時間そのまま。

11

もう一度沸騰させて、弱火で10分煮て、そのまま一晩置く。

12

翌日、みりんを入れて再び火にかける。沸騰後弱火で栗の頭が出てつやが出てくるまで煮詰める

13

火を止めて、粗熱が取れてから好みでブランデーを足す。隠し味的にするなら大さじ1程度。マロングラッセにするなら60cc。

コツ・ポイント

最初に傷や虫食いのない栗を選ぶこと。途中で破裂すると煮汁がにごってしまいます。
水を換える時など、栗と栗がぶつかりあって割れたりしないよう、常にやさしく。

このレシピの生い立ち

嫁に来てから、ヒイジジに作ってみてくれと頼まれ、初めて作ってみてから5年・・・我が家では定番の秋の味覚となりました。
せっかく家で栗が採れるのだから、栗ご飯だけではもったいない!保存も利くので、来客時にも重宝します。
レシピID : 432303 公開日 : 07/09/19 更新日 : 07/09/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

8 (6人)

10/09/29

写真

今年も家族のリクエストあり作りましたよ~(^^)秋ですね~♪

kyon510

今年もレポありがとうございます!

09/09/12

写真

今年もこちらのレシピで作りました!やぱり美味しいわ~(^^)

kyon510

つやつや~な照りが美味しそうですね!レポありがとうございます

08/12/24

写真

初の渋皮煮、手間と時間はかかるけど、メッチャ美味しかったです^^

グレナデン

綺麗な出来栄えですね!クリスマスのご馳走になったのかな?

08/10/15

写真

蜂蜜を入れて作るというレシピに惹かれて☆ 好評でした!

クラシック

砂糖よりも旨みがあるので、ハチミツ大活躍ですね。

Profile rasuku2826 2007年09月24日 19:18
初めまして。
今、kaerururuさんのレシピ見ながら作っているところなのですが、ちょっと質問していいですか?
⑨で砂糖を半量使っていますが、あとの半量&蜂蜜&塩はどこで使えばいいのでしょうか?
教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。
kaerururu 2007年09月25日 21:55
すみません・・・手順が一つ落ちていました。⑩が追加訂正したものです。作っているところということで、間に合いますでしょうか。本当に申し訳ないです。
kyon510 2007年10月04日 10:12
レシピをみて、初めての渋皮煮に挑戦しました。
時間はかかりましたが、作り方は意外と簡単で美味しくできました。
毎年、この季節に、作りたいと思います。
レシピをありがとうございましたm(__)m