茄子うどん

茄子うどん
どうみても普通のうどんに見えるでしょ。
これ、茄子ばっかりでできていまーす!
茄子がいっぱいあるときに作る、つるつるの茄子うどん。
意外なおいしさにびっくり!

材料

茄子(長いもの)
6本
大匙2杯
2個
えのき茸・かいわれ菜
少量ずつ
うどんスープ
2人前

1

茄子はよく洗って、皮を縦に厚くむく。
皮をむいたら縦5ミリの厚さにスライス、続けてそれを5ミリ厚さに切っていく。
つまり、5センチ四方の太さの長い白い茄子にする。あくをとるため、切れたら次々に水に漬けていく。

2

水にさらしてあくを抜いた長いうどん状の茄子の水をよくふき取り、ポリ袋に入れる。
その中に大匙2杯の片栗粉をいれ、茄子が折れてしまわないように注意しながら片栗粉を全体にまぶす。

3

鍋に湯をわかし、沸騰したら片栗粉をまぶした茄子をくっつかないように箸でばらしながら入れて、2分くらい茹で、氷水に取る。
茄子の量と、鍋の大きさによっては一度にできないので、何度かにわけてやる。

4

別の鍋に丼2人分の湯をわかし、えのき茸を切っていれ、火が通ったらうどんスープを入れて火を止める。

5

丼に茄子を盛り、4のうどんスープを張って、温泉卵1個、貝割れ菜を少々入れて盛り付ける。

コツ・ポイント

茄子がお互いにくっつかないようにゆでるのがポイント。
片栗粉のおかげでつるつるとのどごしのいい、代わりうどんです。
少しずつつくってお吸い物としてもいいですね。
皮がたくさん出来るので、千切りにして炒め物にしました。これもおいしかったですね。

このレシピの生い立ち

茄子がたくさんあって、何にしようかなと思っていたら、病院の待合室の雑誌に載っていました。
どんな雑誌だったか、詳細なつくりかたも覚えていませんが、とりあえず長く白い茄子に切って、片栗粉をまぶし、うどんのようにゆでてうどんのように仕立てたら、思わぬおいしさになりました。
レシピID : 432608 公開日 : 07/09/20 更新日 : 07/09/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」