扱いやすかったスコーン生地♪

扱いやすかったスコーン生地♪
この分量が扱いやすかったので忘れないために。卵は使わないレシピ。バターを直接手で触らないため、スケッパーは二つ使います。 写真は6等分。

材料 (普通よりちょっと小さめsize3つ)

薄力粉
50g
50g
牛乳
50cc
バター
35g
小さじ1
砂糖
大さじ1

1

用意するもの。
スケッパー二つ、底の平たいボウル、

2

スコーンが3つ焼けるサイズですが、型が無いので6等分して焼きました。

3

底の平らなボウルに粉類を全て振るいいれる。

4

バターを真ん中に置き、スケッパーで切って常にバターに粉がかかるように、手早くカツカツと、米粒くらいまで小さく切る。目標は粉チーズみたいに。

5

真ん中をくぼませて、牛乳を半分くらい入れ、少しずつ粉とまとめてゆく。この時、捏ねずに、スケッパーで切り混ぜること。

6

少し粉っぽさが残るくらいで、手で素早く一つにまとめ、溶けそうなら、いったん冷凍庫で冷やす。

7

まな板などにだし、生地をのばし、半分に切って重ねる。それをまた半分、また半分・・・と、層を作る。

8

四角形で重ねていくのがハンパも出にくく、割れ目を作るコツです☆生地が溶けないためにも、素早く作業をすること。

9

どんどん背が高くなるけど、伸ばすのは最後です。

10

すぐ焼いてもいいですし、冷蔵庫で30分くらい寝かして焼いてもOKです。

11

写真

型がなくて、ハンパ生地が残るのが嫌ので、生地を3~4等分して、手で丸く高く仕上げてもOK

12

190度で15分くらい。家のオーブンの癖も見ながら焼いてください。

コツ・ポイント

3回くらい折り重ねるのが、腹割れスコーンのコツです。

このレシピの生い立ち

水分の加減が難しくて、生地がだらだらにならないような、レシピを作りました。
レシピID : 432952 公開日 : 07/09/21 更新日 : 07/09/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」