【覚書】さんまの水煮缶で甘辛★梅バター丼

【覚書】さんまの水煮缶で甘辛★梅バター丼

Description

あまりがちな水煮缶の消費に。
甘辛こってり+梅と生姜と山椒のさわやかさで
ごはんが進みます。

材料 (2人分(2食分))

サンマ水煮缶
1缶
すき焼きのタレ
回しかける(30ml程?)
醤油
少々(小さじ1〜2程?)
梅チューブ
お好みの量(4cm程?)
お好みの量(4cm程?)
バター
8g(1個)
山椒、刻みネギ
お好みの量(なければ不要)

作り方

1

写真

お歳暮で頂いたサンマの水煮缶の水を切り、小鍋に入れる。

2

写真

すき焼きのタレ、醤油、梅チューブ、しょうがチューブを入れて汁気が少なくなるまで中火で煮る。途中、バターを投入する。

3

煮汁がほとんどなくなった所で火を止め、山椒を振る。
(あれば刻みネギも)

4

あつあつのごはんの上に盛り、煮汁をかけて出来上がり!

コツ・ポイント

すき焼きのタレがない場合は、
醤油:砂糖:酒:みりん=1:1:1:1でOKです。

このレシピの生い立ち

お昼ごはんに何か食べようとした時に、
冷やご飯とお歳暮で頂いた水煮缶と
少量のすき焼きのタレしか
なかったので、ちょっとこってりした
丼ものにしようと思い立ちました(*´ー`*)
レシピID : 4333207 公開日 : 17/02/05 更新日 : 17/02/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

20/01/08

First tsukurepo mark
写真

臭みも無く簡単で美味しい!

かよばぁ