あったかリンゴ

基本はアップルパイの中身です。ただ、少しやり方を変えるだけで驚くほど味が違ってきます。あったかいのにこんなにおいしい。調理時間もそんなにかからず作れます。アップルパイまでめんどくさい、でも甘いものが食べたいという人にはぴったりです。

材料 (1人分)

リンゴ
小2個
バター
適量
砂糖
レンゲで大匙2杯

1

リンゴの皮をむいて8分の1のサイズに切ったら薄く輪切りにする

2

バター(小さくカットしたのを3つくらい)いれ、バターが溶けたら切ったリンゴを入れる

3

リンゴが少しくたっとしてきたら砂糖を入れる。

4

弱火にして少しすれば出来上がり。

コツ・ポイント

リンゴのしゃきしゃき感がほしい人は弱火で炒める時間を短く、トロトロにしたい人は火を長く通しておくといいです。
調理時間で甘さが変わってきます。
調理時間が長いとリンゴの甘みに加え、砂糖の甘さでまろやかに。
調理時間が短いとリンゴの甘みにすっぱさ、バターの旨みと砂糖の甘さで絶妙なおいしさになります。

このレシピの生い立ち

ただアップルパイまで作るのがめんどくさかっただけなんです。
リンゴがあったので作ってみたらおいしくて。
その後も何度かやってみるとリンゴの種類や調理時間で味が変わることに気づいたんです。
これを書いてる今も食べてます^^
レシピID : 433363 公開日 : 07/09/22 更新日 : 07/09/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」