簡単!栄養豊富な乾物具材でデコ雛いなり

簡単!栄養豊富な乾物具材でデコ雛いなり

Description

ひな祭りに3色のトッピングのいなり寿司はいかがでしょう?
うずらの卵のお顔をつけたら、めびな&おびなのできあがり♪

材料 (12個分)

炊きたてのご飯
お茶碗3杯分
適量
山城屋 京いりごま(金ごま100%)
適量
いなり用あげ
12枚
 
山城屋 瀬戸内産小えび
適量
山城屋 あおさ(国産)
適量
山城屋 使い切り紅しょうが
適量
 
ゆでたうずらの卵
12個
海苔
適量
黒ごま
24粒

作り方

1

写真

すし飯に、いりごまを混ぜる。
12等分して小さな俵型に丸めておく。

2

写真

いなり寿司用の揚げに、①を詰め、真ん中に小えびをのせる。

3

写真

あおさ、紅しょうがをのせる。

4

写真

ゆでたウズラの卵、海苔を写真のように切り、ピックでさす。

5

写真

黒ごまなどで目をつけたらできあがり。

6

写真

この商品を使いました。

7

写真

この商品を使いました。

8

写真

この商品を使いました。

9

写真

この商品を使いました。

コツ・ポイント

④の姫の髪用の海苔は、後ろに切り込みを入れておき、少し濡らすとなじみやすいです。

子どもさんなど、紅しょうがが辛い場合は、でんぷなどに置き換えてください。

☆ひな祭りフェア開催中!
創業1904年 山城屋の公式通販
乾物屋JPで検索!

このレシピの生い立ち

京山城屋おばんざい料理教室でお伝えしているメニューのアレンジです。
https://goo.gl/q3O6IL

今回は、市販の「すし酢」や「いなり用あげ」を使いましたが、教室ではすし酢の調合や、揚げの甘煮の作り方もお伝えしています。
レシピID : 4344903 公開日 : 17/02/10 更新日 : 19/02/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」