今が旬!焼きさんま寿司

今が旬!焼きさんま寿司
この季節になると必ず作る締めさんまを使い、バーナーで軽く炙って火を通し、お寿司を作りました。梅しそごはんと相性ばっちり!とろける美味しさです☆

材料 (さんま寿司3本分)

生さんま(お刺身用)
3尾
適量
○酢
150ml
大さじ1~2
○砂糖
大さじ1~2
ごはん
茶碗4~5杯分
梅干し
6粒
青じそ
6~8枚
白ごま
適量

1

写真

さんまは腹開きにし、余分な小骨などを取り除く。両面に塩をたっぷりめに振り、30分程度冷蔵庫に置く。(水分が出てきます)時間が経ったら、さんまを酢(分量外)を少々加えた水で塩を洗い流す。

2

写真

○の調味料を合わせ、底の浅い入れ物に入れる。1のさんまを入れ、2~3時間程度漬ける。(さんまがかくれるくらいまで、酢液で満たします。足りないようであれば増量して下さい)

3

写真

さんまを取り出し、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ったら、皮の部分をバーナーで炙る。(バーナーがない場合は魚焼き器でもOKかと思います)

4

青じそ、梅干しは細かく刻み、白ごまとともに、分量のごはんに加え、混ぜ合わせる。

5

写真

巻きすの上にサランラップを敷き、さんまを乗せ、4のごはんを均一に乗せる。さんまが上にくるようにきっちりと巻き、冷蔵庫で30分程度休ませてできあがり。

6

写真

巻きあがりはこんな感じです。ラップごとカットするときれいに切れます。

コツ・ポイント

酢で締めたさんまを使用しているのでごはんは酢飯にせず、代わりに刻んだ梅干しを混ぜています。青じそ&白ごまも加わって、しょうがなしでもお魚臭さを感じずさっぱり食べられます。押し寿司にしてもいいかと思います。酢液にレモン汁を加えるのがポイントですが、お砂糖の量はお好みで加減して下さい。火を通さずそのまま巻く場合は、酢液から取り出すときに薄皮をはぎ取ります。

このレシピの生い立ち

札幌駅で売っている人気の焼きさんま寿司をヒントに、いつものさんま寿司に焼き目をつけてみました。
レシピID : 434761 公開日 : 07/09/26 更新日 : 08/09/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」