夏のスペシャリテ♪ラタトゥイユ

夏のスペシャリテ♪ラタトゥイユ
作りおきしていろんなお料理へアレンジ可能。温かいままでも冷たくしても。野菜の分量と割合はお好みでどうぞ♪

材料 (お好み♪)

茄子
適宜
たまねぎ
適宜
パプリカ(レッドandイエロー)
適宜
ピーマン
適宜
トマト)(良く熟れたもの、またはホールトマト)
適宜
適宜
適宜
適宜
天然塩

1

トマトをざくぎりに。にんにくを刻んだものをたっぷりのオリーブオイルで炒め、そこにトマトのざくぎりを加え、軽く塩をして水分が飛ぶまで煮込みます。生のトマトは特に水っぽいのでこの手順は欠かせません。

2

写真

トマトを煮込んでいる間に野菜の下ごしらえ。
下ごしらえといっても、ざくざく切るだけです。おおぶりに切るのも美味しいし、小さなさいの目に切れば、ソースのようにも使うことができます。
ナスは水でさらさないで、軽く塩をふりかけておきます。

3

写真

寸胴鍋に、たっぷりオリーブオイルを入れ、野菜を入れてしんなりしてくるまで炒めます。そこに先ほど煮込んでおいたトマトをざっと入れ、タイムの粉末(生があればなおよし!)と塩(美味しいお塩を使ってください)とローリエを入れて、ときどきかき回しながら煮こみます。

4

写真

野菜と塩とオイルというシンプルな味なので、ぜひ天然塩を使いたいものです。

5

写真

菜から出たエキスが煮詰まり、ナスがとろりと煮崩れ、美味しそうな香りがしてきたらオーケイです。
約25-30分といったところでしょうか。

6

写真

私はこれを冷やしておいて、冷たいまま食べたり、ココットにひいて生卵を落として軽く火をとおして半熟卵とたべたり、温泉卵にかけても美味しい。オムレツの具にもなるし、卵との相性はばっちりです。それから魚をさっと焼いた上にソースのかわりにしても!

コツ・ポイント

同じ大きさに野菜を切りそろえること。丁寧に作るときには、1種類づつ野菜を別々に炒めてから煮合わせるのがいいのですが、簡単に作れるこのやり方でいつも作っています。

このレシピの生い立ち

レシピID : 43478 公開日 : 02/02/27 更新日 : 02/05/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」