だしがら昆布の佃煮

だしがら昆布の佃煮
しょうゆと昆布の甘みに梅干しでさっぱり味を加え、生姜でアクセントを。

材料

昆布
15×15cm
梅干し
小3個
1/3片
しょうゆ
大さじ1

1

だしをとった後の昆布を1.5×1.5cm位に刻んで冷凍してとっておく。数回分ためて作りましょう。

2

昆布と水(30分位煮るとやわらかくなるので、それで水分が少し残るくらい。適宜足しつつ)を小鍋に入れて蓋をしてひたすら弱火でぐつぐつ。

3

昆布がやわらかくなったら、たたいた(種をとってみじん切りにした)梅干しと細い千切りにした生姜、しょうゆを加えよく混ぜる。煮詰まったら蓋をしてしばらく冷ます(と味がしみこむ)。

コツ・ポイント

昆布:羅臼昆布がおすすめ。 しょうゆ:適当に2回しくらいかければOK。 梅干し、生姜:目安量なので味をみてお好みで。 水:ある程度煮詰まらないといけないので、調理にかけられる時間に応じて、適宜調整を。焦がさないように!

このレシピの生い立ち

だしをとった後の昆布は、煮物と一緒に煮て食べてしまっていたのですが、こうして使えば一品増えます。 参考レシピ:桜沢里真のマクロビロティックの基本食「昆布の佃煮」
レシピID : 436243 公開日 : 07/09/29 更新日 : 07/11/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」