落雁で作るメロン風味パン

落雁で作るメロン風味パン
以前作った落雁のパンを少しアレンジして、デニッシュテイストのメロン風味パンを作ってみました。
落雁の着色料でキュートなグリーンの色合いになります。
また、落雁粉のでんぷん効果のおかげか、パンはとってもフカフカに仕上がります。

材料

落雁
1個分・約25g
150g
イースト
大さじ1弱
120㏄
適量
砂糖(追加分・味付用)
小さじ3~4くらい
バター①(生地用)
15g
バター②(折込用)
20g
メロンオイル(あれば)
適量

1

写真

落雁を準備し、左のようにこなごなに砕く。(袋入はラクでいい) 今年は余り物ではなく、彼岸が過ぎて半額になっているところをゲット!

2

落雁はなるべく落雁粉など、米を原料とするでんぷん質のものを使おう。調べてみたら、落雁に使われる粉の原料は様々みたいだ。パン作りにはでんぷん質のものを選んでフカフカ効果を狙おう。(何の粉が入っているかで仕上がりミステリーも面白いけど。)

3

写真

強力粉、粉々にした落雁、イースト、塩、1つのボウルにあわせる。

4

写真

練込み用15gをのバターを刻んでおく。
(写真は15g分だが、まとめて後で使う20g分も刻んでおくといい。
要領の悪い私は20g分を改めて刻んだ)

5

写真

ホームベーカリーを生地モードにして、2で合わせた材料に水を加える。

6

写真

大雑把に混ざったら、練りこみ用のバターを投入する。

7

5に、さらに、追加用の砂糖を小さじ3~4加える。生地の味見をし、甘いと感じるくらいの量を入れる。(これは仕上がりのパンをそのままたべられる、甘いパンにするためにしていること。)

8

写真

5を少し捏ねたら、メロンオイル(あれば)を加える。
(風味づけなのでなくてもいい)

9

写真

6をホームベーカリーの生地モードで捏ねさせ、発酵までさせる。
(約1時間発酵)

10

写真

7の生地を麺棒で伸ばし、真ん中1/3の位置に刻んだ練りこみ用のバターを
置く。

11

写真

8のバターを包みこむようにして生地を折る。この生地をさらに折っては伸ばしを2回繰り返す

12

写真

9の生地を折って、伸ばすを2回繰り返した生地。(パイやクロワッサンをつくるわけではないので生地の折り伸ばしは2回で充分です。)

13

写真

10の生地を1cmくらいの太さに切り分ける。
(切った生地に折込バターが層になっているのがわかる。)

14

写真

11の生地を少しねじりながら、型に入れる。
(ベタベタした生地なので、型を使用する。
ココではミニケーキ用の丸型、ミニシフォン用のケーキ型を使用している。)

15

14の生地を2次発酵させる。(20~30分くらい。型いっぱいに2倍程度に膨らめばOK)

16

写真

180℃のオーブンで40~50分焼く。
 (12で生地を少しねじっておくとこのようにパンに生地層の模様が出ておもしろい。)

17

写真

熱いうちに型からはずして、アラ熱をとったら、完成!!

コツ・ポイント

コツはパンの生地を甘めにすること。5の工程で、パンを捏ねながら、生地の味見をし、砂糖を好みの量追加します。少し甘すぎるくらいがちょうどいい。たぶん、作っているうちに、イースト菌にいくらか砂糖を食われてしまうからだと思います。

見栄えのコツとしては、型に入れるときに生地をねじりながら入れ、生地とバターの層を強調すること。
焼きあがったときにデニッシュらしい模様になります。

このレシピの生い立ち

以前作った、落雁パンがアクセス数が多く、好評(?)みたいなので、第2弾という事で。
今回は半額落雁を見つけたのをキッカケに、パンを作ることを決意。
せっかく第2弾でつくるのなら、少し違ったパンにしようと、天然酵母パンによくあるような、メロン風味のパンを参考にデニッシュ風のパンしました。
落雁のキュートな着色料がよく生きていると思います。
レシピID : 436710 公開日 : 07/09/30 更新日 : 07/09/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」