食べやすい!手羽先の下処理方法の画像

Description

食べるときに骨から身が離れやすくて食べやすい!
煮込みや唐揚げにしたときに持ちやすい!
運動会、遠足、パーティーなど…♪

材料

必要な分

作り方

  1. 1

    写真

    皮を下にして置き、写真のように関節よりも少しずらして包丁を入れる。全ての手羽先に包丁を入れておくと作業がスムーズです。

  2. 2

    写真

    切り込みと反対側に折って関節を外すと骨が2本出てくる。

  3. 3

    写真

    出ている骨を上にして、身を下にグッと押し下げる。

  4. 4

    写真

    2本ある骨のうち、細い方の1本を反対側にひねって出す。残りの手羽先も2〜4の手順で骨を出しておく。

  5. 5

    写真

    出した骨を包丁で切り離す。

  6. 6

    写真

    手羽先の先っぽの部分を包丁で切り離したら完成!残りの手羽先も5〜6を繰り返して下処理してください。

  7. 7

    写真

    下処理して甘辛く煮た手羽先(レシピID:4321626)です。
    火が通るとこんな風に骨が出てきて持ちやすいんです!

  8. 8

    6のあとに肉を裏返してチューリップを作ることもできます。唐揚げにしたいときにはこちらがオススメです!

コツ・ポイント

最初に切り込みを入れるとき、関節に近すぎると骨出しが出来なくなるので注意。下処理で骨を身から離しておくので、火を通したときに身が縮んで骨が出てきます。これによって食べるときに持ちやすく、骨から身が離れやすいです。

このレシピの生い立ち

手羽先を食べやすくするために母から教わった方法の覚え書きです。
レシピID : 4368667 公開日 : 17/02/20 更新日 : 17/10/15

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

103 (99人)
写真
かわうそP
食べやすいし、骨が出てるのが嬉しいと子供が絶賛でした。今後はこれで出したいと思います‼️
写真
おくみの
お陰様で食べやすくなりました!ありがとうございます!
写真
mijko
思ったより簡単にできました‼️骨でスープ作ってみます
写真
minami1967
BBQ用に仕込みました 小さい子にも食べやすくて助かりました コツ掴めばなんて事なくできるのでまたこの方法使わせてね