ちょいとおしゃれに 秋刀魚のハーブ焼き

ちょいとおしゃれに 秋刀魚のハーブ焼き
秋刀魚の塩焼きを、ちょっとした工夫でおしゃれにアレンジ。ご飯でもパンにでも合います^^

材料 (2人分)

さんま
2本
3カケ
塩(あれば岩塩)
適量
レモン
厚めにスライス  2枚
 

1

写真

さんまはおなかに包丁をいれて、内臓を取り除き、水でよく洗う。キッチンペーパーなどで水気を切っておく。

2

にんにくはスライスをし、ハーブは茎からはずす。バットか、大きめの浅いタッパにスライスしたにんにくの1/3とハーブ、塩を散らす。

3

2の上に秋刀魚をおき、残りのにんにくとハーブをおなかの中と、表面にもちらす。塩をよくすり込ませる。

4

写真

上からオリーブオイルをまわしかける。全体にかかったらOK。秋刀魚にラップをして、マリネする。

5

グリルで焼くもよし、オーブンで焼くもよしです。焦げ目が気になるときはにんにくのスライスとかは焼く前にとったほうがいいかも。
焼き上がりにスライスしたレモンを飾ってできあがり。

コツ・ポイント

塩加減に注意したほうがよいです。焼きあがった後でも調整できるので、濃いよりは薄いほうがいいですね。ハーブもお好みで加減していいと思います。
オイルでマリネしているので、焼くときに多少火がでるかも。でも大丈夫なので、焼けるのをじっくり待ってください^^

このレシピの生い立ち

仕事中シェフが作っていたのを見て、おいしそうだったので、たぶんこうやって作っていたんだろうと思いながら考えました。塩にこだわるとよりいっそうおいしいと思います。
レシピID : 437764 公開日 : 07/10/02 更新日 : 07/10/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」