伝承♪夏、さらさらっと食べれるぞ!冷汁

伝承♪夏、さらさらっと食べれるぞ!冷汁
愛媛県南予の夏ばて知らずの郷土料理。家庭によって味も材料も違います。

とにかくおいしい!何杯でも食べられるから不思議。

材料 (4人分)

魚(今回はイトヨリ)
中2~4匹
魚と同量(味噌によって違います)
・きゅうり
1本
・青じそ、ゴマ、しょうがなど
適宜
ごはん

1

写真

魚をしっかりグリルで焼き、身と骨とに分ける。

①身は小骨を取り除く。
②鍋に骨と水を入れ、火にかけてだし汁をとっておく。(適量

2

写真

①の身をほぐして、すり鉢でぽろぽろになるまでする。 
骨を見つけたらそのつど取り除くこと。

3

写真

すり鉢の中に麦味噌を少しつづ加えてなめらかになるまでする。

4

写真

ねっとりした身をすり鉢に薄くなすりつける。

5

写真

すり鉢の内側に3をなすりつけ、ガスで香ばしく焼き目をつける。

6

写真

②のだし汁を入れて薄めていく。

7

写真

小口切りしたきゅうり、氷を入れて出来上がり。

■お好みで青じそ、ゴマ、みょうが、しょうがを入れてみて♪

8

写真

ごはんにかけて、さらさらっと食べてくださいね。

(画像はキュウリなしバージョン。)
おかわりOK~♪

コツ・ポイント

■魚は鯵、鯛、かます、イトヨリと何でも良いですよ。旬のものがお勧め~♪

このレシピの生い立ち

地元の高齢者との交流で郷土料理に目覚めました。
各家庭の味が違うので、また面白いですよ。
味噌も手作りなので、辛い場合は砂糖を加える家庭もあります。
レシピID : 438145 公開日 : 07/10/03 更新日 : 08/09/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」