あずきご飯・・・小説「水底の森」より

あずきご飯・・・小説「水底の森」より
柴田よしき氏の小説「水底の森」の中で、元料理人のヤクザが作ったご飯。
こんなのかなぁ・・・なんて想像しながら作りました。
お赤飯ではないのでもち米は使わず、色もつけたくないので煮汁も使いません。
グリーンピースご飯のあずき版です。
UFO UFO

材料 (3合分)

うるち米
3カップ
あずき
50g
塩、酒など
お好みで

1

あずきは乾燥してる状態で50gを、固めに茹でる。
お赤飯ではないので煮汁は使いません。

2

研いだ米に、普通にご飯を炊く量の水を入れ、あずきも一緒に炊きます。
お好みで塩や酒など入れてください。

3

コツ・ポイント

小説の主人公はお赤飯のもち米の感触がイマイチ好きではないけど、このあずきご飯はおいしい、と感想を言ってました。
なのでもち米を使わず、色もつけないようにしてみました。

このレシピの生い立ち

3歳と4歳のうちの息子達は豆ご飯が大好き。
お赤飯だと仰々しいけど、こんな感じの豆ご飯なら普段にいいかも。
味がしっかりついた炊き込みご飯はおかずの邪魔になるので、我が家は味の付かない素材のみの炊き込みご飯をよく炊きます。
レシピID : 438627 公開日 : 07/10/04 更新日 : 07/10/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」