豚肉とほうれん草のゴマ味噌炒め

豚肉とほうれん草のゴマ味噌炒め
ヘルシー10分メニュー。疲労回復や風邪の予防に。小松菜でも作れます(手順7〜参照)。香ばしくて美味。

材料 (2人分)

豚こま切れ肉
200g
ほうれん草
200g
 
適宜
桜えび(乾)
大5
 
◎味噌・酒・みりん
各大2
◎白すりごま
大1と1/2〜
◎白練りごま
小2(なければすりごま)
◎醤油
小1
 
塩・胡椒
仕上げに少々
白炒りごま
仕上げに適宜

1

写真

◎の調味料は全て混ぜ合わせておく。

2

写真

ほうれん草はよく洗い、4〜5㎝幅のざく切りにして茎と葉を分けておく。大まかにで良いです。

3

写真

フライパンにゴマ油、桜えびを入れて火にかけ、香ばしい匂いがするまで炒める。

4

写真

豚こま切れ肉を加えてほぐしながら炒め、色が変わったらほうれん草(茎の方)を加えて炒める。

5

写真

全体に油が回ったら、◎とほうれん草の葉を加えて炒め合わせる。

6

写真

必要に応じて塩・胡椒で味を整え、器に盛る。あれば仕上げにも白ごま(材料外)を散らして完成。

7

写真

《小松菜ver.1》◎の配合を少しいじった方が食べ易くておすすめ。みりんを省いて蜂蜜を大匙3にし、醤油をオイスターソースに替える。あとは配合も手順も同じです。

8

写真

《小松菜ver.2》小松菜が大きめで茎も太い場合は、ほうれん草の茎と同程度にカットした方が良いです。その分の手間はかかりますが火が通るのは早いです。

9

写真

《小松菜ver.3》小松菜があまり好きでない方はコーンを混ぜると食べ易くなります。

コツ・ポイント

✿手順5/使用するフライパンの大きさにもよりますが、ほうれん草の葉を加えたてのとき山盛り状態になっても◎に含まれる水分で画像程度にしんなりします。✿仕上げの塩・胡椒は桜えびの塩分によって不要な場合もあるので、適宜加減して下さい。✿お好みで生姜のみじん切り少々を3で桜えびと共に炒めたり、最後に生姜の絞り汁を回し入れたり、◎にすりおろしを混ぜても。また、水溶き片栗粉でとろみをつけて仕上げても良いです。

このレシピの生い立ち

✿「豚とほうれん草しかないがこれでどうにかしたい」「ほうれん草と言えばゴマ和え?」…から連想し、身体に良い組み合わせに。桜えびと豚肉だけでもCaが約600mg摂れる計算(全量)。冬場のほうれん草はビタミンCが多く、油で調理するとβカロテンを沢山摂れるので風邪予防にも効果的。豚のビタミンB1で疲労回復(精神的な疲れにも良いらしい)。化学調味料不使用。香ばしいので肉の下味不要で手軽=疲れてても作れる。
レシピID : 439061 公開日 : 07/11/25 更新日 : 08/02/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

24 (20人)

09/03/26

写真

桜海老が香ばしくって美味しかったです♪健康にいいのも嬉しい♡

みゆきどん

09/03/22

写真

またまた主人の両親と♪今回はおつまみ用焼えび利用で。大好き☆

すがみほ

09/03/19

写真

リピ☆やっぱりおいしい♪野菜嫌いの彼もおいしいって^∀^

ぱんだにゃん

09/01/07

写真

妊娠中の私にはぴったりな栄養満点料理でした!ご飯もすすみます!

シェイファー

お腹の赤ちゃんも喜んでくれたら嬉しさ2倍♫有難うございます♪

1 2 3 4 5