新潟名物☆笹だんご

新潟名物☆笹だんご
新潟の郷土菓子、笹だんごです。
端午の節句には柏餅でなく、笹だんごを食べてました。

大変だけど、美味しいです♪

材料 (20個分)

もち米の粉
320g
30g
砂糖
40g
熱湯
適量
乾燥よもぎ(生の場合はアクを抜いて絞った状態で110g)
30g
つぶあん又はこしあん(固めのもの)
500g
笹の葉
60枚
すげ
20本
小さじ2
サラダオイル
少々

1

写真

前日から準備をはじめる。

大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、重曹を小さじ1杯入れる。ここに、すげを輪にして、鍋のそこへ入れる。

2

写真

①の鍋で笹の葉をゆでる。5枚ずつ位いれ、1~2分ゆでる。ゆでたら冷水にとる。すべてゆで終わったら、火を止めすげはそのまま1晩おく。
翌日になったらすげの水は替えておく。

3

写真

ゆでた笹の葉を水で洗う。表裏(つるつるの面が表)をそろえて、水を張った容器に入れておく。

ココまでを前日のうちに済ませておく。

4

写真

鍋に湯を沸かし、重曹を小さじ1杯入れよもぎをゆでる。30~40分ゆでたら、数回水を替えながら洗い、水に30分さらしてあくを取る。軽く絞りフードプロセッサーにかけ、水気を絞る。この絞り汁を加熱したものと熱湯を合わせて250~270ccにする。

5

写真

こね鉢又は大きなボウルにもち米の粉、上新粉、砂糖を入れよく混ぜる。中心をくぼませ、④のよもぎを置く。
④の絞り汁と熱湯をあわせたものをよもぎに少し加え、よもぎをこねる。

6

写真

よもぎに少しずつ粉をまぜこみ、よくこねる。熱湯も少しづつ加えてこねる。耳たぶの固さになったら熱湯を入れるのをやめる。すべてが混ざったらさらにしばらくこねる。こねたら20等分して丸めておく。

7

写真

あんも20等分して丸め、⑥の生地で包む。
包んだら手にサラダオイルをつけ、俵型に形を整える。

8

写真

水気を切った笹で包む。つるつるの表面が内側に来るようにする。まず、2枚の笹の葉を少し重ね、その上にだんごを置く。

9

写真

2枚の葉で包み、隙間をふさぐようにもう一枚の葉をがぶせ、両端を軽く絞る。

10

写真

すげの太い方から20cmのところを中心におき、指で押さえる。絞った端の片方を1周させ、中心に戻す。

11

写真

反対側も同じようにかける。

12

写真

中心に戻したら初めに20cm残しておいた部分とクロスさせ、1周させる。

13

写真

1周させたすげを結ぶ。片方だけのリボン結びのような状態にする。

14

写真

長く残ったすげを5個ずつで束ね、二束を結び、10個で1組にする。余分なすげは切る。

15

写真

蒸気の上がった蒸し器に入れ、20~25分蒸す。
蒸しあがったらさまして出来上がり♪

コツ・ポイント

☆笹の裏表を間違えると、食べるときにくっついて離れない!という悲劇が起こりますのでご注意を。

☆しっかりこねることで、コシの強い美味しいお団子になります。

☆ 蒸すときは10個ずつ蒸した方がキレイにむせます。一度に多く蒸そうとすると、火の通りが悪かったり、潰れてあんが出たりします。また、蒸しすぎもあんが飛び出す原因になります。

☆ 固くなったらまた蒸せば美味しく食べられます!

このレシピの生い立ち

昔学校で習ったのと、実家の母のがまぜこぜになってます。
母のは、かなりアバウトなので、学校のがベースです。
レシピID : 439119 公開日 : 07/10/05 更新日 : 07/10/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
となごん 2007年10月05日 17:27
はじめまして!笹だんご大好きな生粋の愛知在住ですが・・・・私の旦那さんの実家が新潟で、昔・・笹だんごの中身が「きんぴらごぼう」のを食べたことがあります。あんこもおいしいですが・・・作ったことがありません^^;すばらしいですね?
ピュイダムール 2007年10月06日 10:47
☆となごんさん☆
はじめまして♪実は、私も新潟県出身の愛知在住なんです。
きんぴらごぼうの笹だんごは、生地の作り方は全く一緒で、おかずで食べるきんぴらごぼうよりも小さめに切り、少し濃い目の味付けにしたものを具としてつつむだけです。
写真もアップしたので是非参考にしていただけると嬉しいです。