秋刀魚の佃煮

秋刀魚の佃煮
秋刀魚の安い時期に大量に作ります。

材料 (25人分)

さんま
25匹(ケース25匹入り)
300cc
200cc
しょうゆ
200cc
砂糖(粗目)
100g
梅干の種
10~15個(あれば)

1

写真

さんまの頭を切り、内臓を抜き取る。水洗いをして3~4つに筒切りにする。

2

圧力鍋に全ての材料を入れ加熱し、蒸気上がり風車が回ってから20分中火の弱で加熱する。

3

火を止め荒熱が取れるまで自然に冷ましてから、蒸気を抜く。小分けして真空パックする。たっぷりのお湯の中に入れ、85℃で40分加熱殺菌する。(真空パックが無い場合はビニール袋に小分けして冷凍保存する)

4

写真

コツ・ポイント

圧力鍋で調理するので煮汁は少なめです。
普通に鍋で調理する場合は、加水して加減してください。
火の勢いが強すぎるとみくずれするので注意しましょう。

このレシピの生い立ち

骨まで柔らかく食べられる秋刀魚の佃煮は大好物です。
大量に出回り、脂ののりが良くて、安いこの時期に一年分を作りストックして、常備菜としています。真空パック加熱殺菌しておくと、冷蔵庫で二ヶ月ほどもちますが、基本は冷凍保管で10ヶ月はもたせています。
レシピID : 439626 公開日 : 07/10/06 更新日 : 07/10/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」