疲労回復!ミルフィーユカツ

疲労回復!ミルフィーユカツ
奈良県産銘柄豚「ヤマトポーク」を使った丼です。豚肉には糖質を代謝するのに必要な「ビタミンB1」が豊富に含まれています。

材料 (1人分)

ご飯
250g
ミルフィーユカツ
ヤマトポーク もも(薄切り)
140g
薄力粉
大さじ1強
1/2個
大さじ6
キャベツ
60g
玉ねぎ
20g
しそ
2枚
スライスチーズ
1枚
適量
ソース
トマトケチャップ
大さじ1
味噌
小さじ1/2
こいくちしょうゆ
小さじ1弱
砂糖
小さじ1
ごま
小さじ2/3
トッピング
パプリカ
5g

1

キャベツは2/3量(40g)をせん切りにし、残り(20g)はミルフィーユ用に取っておく。

2

玉ねぎは薄切りにし、パプリカは5mmの角切りにする。

3

豚肉は半分に分け、半量分の豚肉を数枚重ねて、しそ、玉ねぎ、スライスチーズ、キャベツを順にのせる。

4

その上から、残りの豚肉を重ねる。チーズが溶け出ないように豚肉のふちを閉じる。

5

4に小麦粉、卵、パン粉をつけ、170℃に熱した油の中に入れて両面がきつね色になるまで7〜8分ほど揚げる。

6

ソースの材料をすべて混ぜ合わせる。

7

丼にご飯を盛り、せん切りにしたキャベツをのせ、ソースを半量かける。

8

7の上に一口大に切ったミルフィーユカツをのせ、パプリカ、葉ねぎを散らして、残りのソースをかける。

コツ・ポイント

ミルフィーユカツは揚げる時に油がはねないよう、ふちをしっかり閉じてください。チーズが溶け出ると油はねの原因になるため、肉を重ねる時はずらしながら全面が肉で覆われるようにしてください。

このレシピの生い立ち

2016年に畿央大学健康栄養学科と株式会社近鉄リテ—リングで実施した「香芝サービスエリアフードコートメニュー創作コンテスト」に応募されたメニューです。
レシピID : 4397138 公開日 : 17/08/12 更新日 : 17/08/12

このレシピの作者

畿央大学健康栄養学科では、地域連携活動として産官学と連携したレシピ開発プロジェクトを行っています。公式キッチンでは、管理栄養士を目指す学生が地域連携活動や授業で考えたオリジナルレシピを掲載していきます。 【健康栄養学科公式ホームページ】 http://www.kio.ac.jp/faculty/health/n/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」