料亭の味をご家庭で!簡単一番だしの取り方

料亭の味をご家庭で!簡単一番だしの取り方
長年、京都の有名料亭で料理長を務めた岩崎料理長直伝の一番だしの取り方です。
料亭の味をご家庭でお楽しみください。

材料 (1リットル分)

昆布
10g
鰹節
50g
1リットル
5g
小さじ1

1

写真

1リットルの一番だしを取るのに対して、
昆布を10g、鰹節を50g、塩5g、淡口醤油小さじ1を用意します。

2

写真

鍋に水と昆布を入れて、弱火で火にかけ、60度の温度を一時間保ちます。

3

写真

昆布を引き上げて中火にし、沸騰寸前まで温度を上げ、火を止めて鰹節を入れます。

4

写真

アクを軽く取り、手早く出汁を濾します。
出汁を濾す際は、ざるとクッキングペーパーを使用します。

5

写真

塩と淡口醤油で味付けをし、完成です!

コツ・ポイント

出汁を濾す際は、ざるとクッキングペーパーを使用してください。

このレシピの生い立ち

普段は、顆粒だしを使用される方も多くおられるかと思います。しかし、昆布と鰹節で取る一番だしは、上品でくせがなく、顆粒だしにはない旨味と香りを有しています。
日本料理の基本となるだしになりますので、ぜひ作り方を覚えてください。
レシピID : 4398807 公開日 : 17/03/07 更新日 : 17/03/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

18/01/06

写真

炒り鶏や高野豆腐に他にも数の子などおせちのお出汁に使いました!

居眠り姫愛

17/11/16

First tsukurepo mark
写真

新しい味噌を美味しく試したくて。60度で1時間がポイントですね♪

chezmoko