新ごぼうの鶏つくね

新ごぼうの鶏つくね

Description

食物繊維たっぷりのゴボウで作ったつくね焼き!

材料 (4人分)

木綿豆腐
150g
鶏ももひき肉
180g
サラダ油
小さじ1
玉ねぎ
50g
新ごぼう
40g
酢水
適量
ネギ
30g
1/4個
大さじ1.5
タレ
小さじ3
60cc
砂糖
小さじ3
小さじ1.5
大さじ1.5
水溶き片栗粉
適量

作り方

1

木綿豆腐は、重しをして水をしっかり切る。よく水が切れたらほぐしておく。

2

玉ねぎ、ネギはみじん切り。ごぼうは、ささがきに切って酢水さらしてアクをぬく。

3

フライパンに油を熱し、玉ねぎ、ネギ、ごぼうを炒め粗熱を取っておく。

4

豆腐、ひき肉、卵、片栗粉、醤油、粗熱を取った玉ねぎ、ネギ、ごぼうをよく混ぜあわせる。

5

1人分ずつ形を作り、オーブンで焼く。190度20分位ですが、使用するオーブンに合わせて調節してください。

6

タレの調味料を合わせて火にかける。仕上げに水溶き片栗粉で適度なとろみをつける。

7

盛り付け時に、タレをかける。

コツ・ポイント

新ごぼうは、三月から採れます。新ごぼうを使うと柔らかくて美味しいですが普通のごぼうでも大丈夫です。

このレシピの生い立ち

給食は野菜をたっぷり使います。子どもたちが苦手なごぼうもつくねに混ぜて食べやすくアレンジしてみました。
レシピID : 4401001 公開日 : 17/03/16 更新日 : 17/03/16

このレシピの作者

東村山市の学校給食は、だしから作る完全手作り給食です。中学校給食(スクールランチ)は、弁当併用外注方式でご飯は温かくおかずは衛生面を配慮して一回冷ましてから弁当箱つめています。また毎日の献立は、市の栄養士がたてており食材も東村山市でとれた野菜なども使い、新鮮な食材を吟味して作っています。東村山市のHP https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」