*簡単♪ガトーバスク*

*簡単♪ガトーバスク*
バターとラム酒の香りがいっぱいの生地から、コンフィチュールのソースがとろり♪ 外はサクサク・中はしっとりのこのスイーツは、フランス・スペインの国境近くの、バスク地方に伝わる伝統菓子です。 今回はシリコン型を使いました。

材料 (直径6㎝のタルト型6個分)

チェリーのコンフィチュール
適量
バター
90g
ブラウンシュガー(又はグラニュー糖)
90g
1/2個
ラム酒
小さじ2
薄力粉
100g
ひとつまみ
溶き卵
適量

1

タルト型の内側にバターを塗って薄力粉をはたいておく。(全て分量外) シリコン型はそのままでOK。バターは室温に戻す。(急いでいる時は電子レンジで15秒温めてやわらかくする。)

2

ボウルにバターを入れ、泡だて器でやわらかく練る。 ブラウンシュガー(又はグラニュー糖)を2回に分けて加え、ふんわりするまで更にすり混ぜる。 卵も2回に分けて加え、その後ラム酒を入れてさらに混ぜる。

3

薄力粉と塩を合わせて、2回に分けて振り入れる。 その都度、粉っぽさが無くなるまでよく混ぜる。 (泡だて器で混ぜてOKです。) 

4

用意したタルト型に③の生地を少しずつ入れていく。 スプーンで平らにして、その中央にジャムを乗せる。 その上にまた、覆うように生地を置いてスプーンで形を整え、表面を平らにする。

5

写真

④の表面に溶き卵を塗り、まず200度のオーブンで10分、さらに180度に下げて20分焼く。 焼きあがったら型から外し、あら熱をとって出来上がり♪

コツ・ポイント

バスク生地にはどんなコンフィチュールでも合いますが、特にチェリーやベリー系が良く合い、色合いもとても綺麗です。 あんず、いちご、いちじく等など、お好みの味でどうぞ☆  最後に生地を平らにする時は、水か溶き卵を小さめのスプーンの背に付けて使うと、生地がくっつかず綺麗に形を整えられます。

このレシピの生い立ち

友人から頂いた本の中のレシピを、自分なりにアレンジして作りました。 バターの香りいっぱいのサクサク生地と、甘酸っぱいコンフィチュールのハーモニーが絶妙です★(^-^* パーティーやお土産に持っていくと、いつも大絶賛されるスイーツです♪
レシピID : 440136 公開日 : 07/10/08 更新日 : 07/12/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

10/11/10

写真

激美味!!自家製プルーンジャム使用。次はカスタードも入れたいです

アンポンタ

いいお色目で美味しそう!れぽありがとうございました☆

09/07/28

First tsukurepo mark
写真

庭で採れたプラムのジャムで♪サクしっとろ〜りで美味しかったです♪

RYO!85

Profile きりりのチーズ 2009年04月24日 15:10
kogucci-san

こんにちわ!ガトーバスク作りました。

しかし・・・・生地が膨らんでしまいマフィンの様になってしまいました。

どのようにしたら、平らに焼きあがりますか?
*kogucci* 2009年10月24日 08:50
ご連絡が遅くなりごめんなさい! もしかしたら、ご使用になられた小麦粉が、ベーキングパウダー入りのものだったかホットケーキミックスだったという事はありませんか?
バターを溶かさず気長に練り、小麦粉の量を少し多めにしてみるとふくらまないかもしれません。 
平らに焼きあがりますように☆
紗茄魏 2011年04月10日 20:23
ガトーバスクって常温で保存ですか?
それと、日持ちってどれくらいするのでしょうか?
贈り物に作りたいんですけど・・・
持ちが悪かったらいけないので;;
お返事待っています^^
*kogucci* 2011年05月31日 14:34
紗茄魏さん、お返事が大変遅くなって本当にごめんなさい(><)
私は、焼いた後は家族ですぐに食べてしまうのですが、焼き菓子なので、常温で3~4日間は持つはずです。
ラム酒をレシピより多めに入れれば、もう少し長く持ちます。 贈り物で、喜んでもらえます様に!