★~栗の渋皮煮で~デニッシュモンブラン★

★~栗の渋皮煮で~デニッシュモンブラン★
デニッシュにのせたモンブラン。栗の渋皮煮で作ったマロンクリームは絶品です☆

材料 (14個分)

●デニッシュ生地
300グラム
ドライイースト
5.5グラム
砂糖
27グラム
5.5グラム
55グラム
牛乳
60cc
70cc
無塩バター
12グラム
無塩バター(折込用)
135グラム
●アーモンドクリーム
レシピID:241645】参照
●マロンペースト
栗の渋皮煮
140グラム
30cc
砂糖
20グラム
●ホイップクリーム
80cc
砂糖
8グラム
 
5cc
栗の渋皮煮(飾り用)
7個
栗の渋皮煮
2個
てり用卵
適量
ガムシロップ(艶出し用)
適量
粉糖
適量

1

デニッシュをつくる。
HBの容器に無塩バター以外の材料を入れて、スイッチオン。約7分まわしたらバターを入れて再び約7分まわす。
そのまま約1時間発酵させる。

2

写真

発酵後、凍らない程度の庫内温度が低めの冷蔵庫に入れて3時間以上寝かしてく。折込用バターは、15×18センチ角程の四角に伸ばして、ラップをして冷蔵庫に入れておく。

3

写真

2の生地を、粉を振った台に取り出す。麺棒で、折込みバターを包めるほどの長さに伸ばしたら、バターをのせて、両端の生地を折って、バターを包む。

4

写真

生地の合わせ目を指でつまんで閉じてから、約5ミリ厚さ(約60センチ長さ)まで伸ばす。それを3ツ折りして、ビニールに包み込み、30分以上、冷蔵庫に入れて、生地を休ませる。

5

写真

4の生地を取り出し、4同様に麺棒で伸ばして3つ折りして、再び冷蔵庫で休ませる。それをもう一度繰り返す。(合計3ツ折り3回繰り返し、冷蔵庫で30分以上休ませる。

6

写真

5の生地を、厚さ3ミリまで伸ばしてから、写真のように8センチ角にカットする。

7

写真

カットした生地の四つ角を、中央に折り畳み、ぎゅっと押さえておく。薄くバターを塗った、ミニタルト型に入れて室温30度で約50分発酵する。

8

写真

てり卵を塗り、アーモンドクリームを入れる。190度のオーブンで約18分焼成する。焼成後すぐにガムシロップを塗る。

9

写真

マロンペーストを作る。栗の渋皮煮を一つ一つ裏ごしする。裏ごしした渋皮煮(写真上)と、砂糖、生クリームを厚手の鍋に入れて、火にかけて、よく練り合わせる。火が通ったら、器に移して冷ます。栗によって、硬さが違うので、生クリームで硬さを調節する。

10

写真

ホイップクリームをつくる。生クリームに砂糖、バニラエッセンスをHMで、7分立てにホイップする。クリームの1/3量を9のマロンペーストと混ぜ合わせて、ブランデーも加えて、マロンクリームにする。

11

写真

残ったホイップクリーム2/3量に、粗く刻んだ栗の渋皮煮を混ぜ合わせて、丸口金の絞り袋に詰めて、冷めたデニッシュの中央に絞る。

12

写真

モンブラン用口金で10のマロンクリームをグルグルと絞る。
てっぺんに半分にカットした、渋皮煮をのせる。デニッシュの部分に粉糖を振る。

13

写真

デニッシュ生地をマフィン型で焼いてみました。

14

写真

こちらは、デニッシュではなく、マフィンにトッピング☆
このほうが手軽に作れますね♪

コツ・ポイント

デニッシュは、しっかりと焼きこんだほうがサクサクとして、美味しいです。
栗の渋皮煮によって、硬さ、甘さが違うので、9の工程で、生クリームの量、砂糖の量を調節してください。

このレシピの生い立ち

渋皮煮をつくったら、モンブランにしてみたくなりました。
レシピID : 440193 公開日 : 07/10/12 更新日 : 08/10/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (10人)

17/08/15

写真

いろいろなデコレーションで!♪始値のデニッシュ成功できました!

あみ♩♪

ありがとうございます!

16/10/03

写真

ずっーと作りたかったレシピ♡出来た瞬間最高にHAPPYでした!♡

あやぽむCafé♡♡

ありがとうございますm(_ _)m

15/10/07

写真

デニッシュ生地は冷凍の既製品使用ですがおいしかったです。

☆りょ

ありがとうございます♪

13/06/02

写真

初デニッシュ!マロンあんと甘露煮使ってみました。美味しい~

くまじゃっきー

ありがとうございます♪