春の花飯

春の花飯
桜と菜の花の混ぜご飯です。緑、ピンク、黄色の三色がとてもきれいです。

材料 (3人分)

2合
桜の花の塩漬け
30グラム
菜の花
1/2束
2個
砂糖
1つまみ
1つまみ
大さじ1
昆布
5×10センチ1枚
きざみ海苔

1

米を砥いで、ざるにあげておく

2

桜の花の塩漬けは100ccの水につけて塩を抜く。塩水はよく混ぜて半量のみとっておく。

3

菜の花は茎についている柔らかい葉の部分と花芽を取りよける。葉は皿に並べ電子レンジでパラパラになるまで乾燥させ手で揉みほぐす。
花芽はゆでておく。

4

卵に砂糖と塩を一つまみづつ入れて炒り卵を作る。

5

土鍋に米と桜の花の塩水大さじ2、水380cc、酒と昆布をいれて30分置く。

塩水は濃度により加減してください。

6

土鍋をコンロにかける。

   沸騰するまで強火

   沸騰してから5分間中火

   その後5分弱火最後に10秒もう一度強火

 火を止めてから20分蒸らす。

7

ご飯に菜の花の葉と桜の茎と花びら半分を混ぜ込み、上に炒り卵、菜の花の花芽、きざみのりを散らす。

コツ・ポイント

土鍋で炊きますので芯が残っているときはお酒を軽く吹いてレンジに炒れてください。

菜の花のくきは、味噌汁の具などにまわしてください。

このレシピの生い立ち

レシピID : 44034 公開日 : 02/03/03 更新日 : 03/03/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」