■浜風いくらの醤油漬け■

■浜風いくらの醤油漬け■
漁師宅のいくらはこんな感じ。簡単に失敗無く作れる方法を紹介します。

材料 (鮭一本分)

生筋子
1キロ
昆布
10センチ
醤油
100~120cc
日本酒
50cc
50cc

2

写真

お風呂より熱いくらいのぬるま湯(50度)に筋子を入れる。

3

写真

静かに揉むようにして膜から剥がす。画像のように取れます。膜は捨ててください。

4

写真

かすが浮いてくるので4、5回水をかえてすすぐ。(ぬるま湯でなくて普通の水でいいです)

5

写真

ざるにあけよく水気を切る。調味料を混ぜ昆布を入れる。冷蔵庫で一晩漬けたら完成。

コツ・ポイント

漬けたばかりの時は汁気が多いように思いますが、一晩置くとちゃんと浸透していい具合になります。調味料は後から足す事ができるので少なめで様子をみて好みの味に仕上げてください。冷蔵庫で4~5日は持ちます。冷凍もできますが皮が固くないと潰れてしまいます。鮭も筋子も一番美味しいのは捕れはじめの9~10月です。筋子は時期が遅くなるとどんどん皮がゴムのように固くなっていくので漬けるなら早めに入手しましょう。

このレシピの生い立ち

酒やみりんを煮きらずに使うというのが浜風のポイントで、若干ですが日持ちがよくなります。実家では熱湯をまわしかけてから大きめのざるの上で転がすようにしてほぐします。たくさん作るときには便利なのかもしれませんが、コツがいるのと熱湯を使うと生臭みが増すので、失敗無くできるこの方法を紹介します。
レシピID : 440650 公開日 : 07/10/09 更新日 : 07/10/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」