【ジビエ】誰でも簡単♪ 鹿カツ卵とじ丼

【ジビエ】誰でも簡単♪ 鹿カツ卵とじ丼
第1回ジビエ料理コンテスト入賞!卵とじ用の卵を溶きすぎないことです。軽く溶くことでふんわり仕上がります(農林水産省)

材料 (4人分)

鹿カツ
鹿肉(どの部位でもOK)(塩こしょうをふる)
90gくらい(好きなだけ)
塩コショウ
適量
玉ねぎ
8分の1個
小麦粉
適量
卵(衣用)
2分の1個
適量
適量
仕上げ
20ccくらい
40ccくらい
卵(卵とじ用)
1個半
三つ葉
適量
ごはん
お好みで

1

鹿肉を厚さ8mmくらいにスライスします。
※お好みの厚さで作れます

2

スライスした鹿肉に塩コショウをふります。
※めんつゆで味が付くので、控えめでOK。

3

小麦粉→とき卵→パン粉の順で付けます
※いつものカツ作りと同じ要領でOK。

4

鍋に油を入れ、180℃で3~4分揚げます。

5

揚がったらクッキングペーパに乗せて油を取ります。

6

めんつゆ、水、くし切りにした玉ねぎを丼フライパンで中火にかけ、玉ねぎがお好みの固さになるまで煮ます。

7

カツをカットして入れ、煮汁と少し馴染んだら、軽く溶いた卵を入れます。30秒ほど火を通して半熟に仕上げます。

8

ごはんを盛った丼に7をかけます。

9

お好みで三つ葉を乗せて出来上がり!

コツ・ポイント

卵とじ用の卵を溶きすぎないことです。軽く溶くことでふんわり仕上がります☆

とにかく簡単なので、お料理初心者さんも作ってみてください。「気負わず気楽に」が一番のコツです♪

このレシピの生い立ち

このレシピは、「第1回ジビエ料理コンテスト」において入賞したものです。
ジビエについての詳細はこちら
http://www.gibier.or.jp/gibier/
レシピID : 4411117 公開日 : 17/04/24 更新日 : 17/04/24

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」