圧力鍋で作る、さんまの酢醤油煮*

圧力鍋で作る、さんまの酢醤油煮*
骨までおいしくいただけます。 *レシピ加筆しました。シンプルなレシピなので、応用力大です。

材料

さんま
5~6尾
ねぎ
1~2本
一片(30gくらい)
1/3カップ
しょうゆ
1/3カップ
日本酒
1/3カップ

1

まな板に新聞紙を敷く。さんまは頭を落とし、腸を引き抜き、腹の中まで(菜ばしを使って)きれいに洗ってから筒切り。ペーパータオルの上で水気を切った後、圧力鍋に切り口が上下になるように並べる。(皮が破れないように。)

2

ねぎは粗みじん切り(
レシピID:444953ご参照)。しょうがは千切りにして、さんまの上にいれ、調味料をいれる。

3

写真

さんまが半分くらいひたる程度まで水を加えてから、圧力鍋で15~20分加圧。自然放置のあと、圧力がぬけたらふたを開けて水気をとばす。↑写真はふたを開けたところ。色がまだら=味がまだ全体にわたってません。そっと混ぜてまたふたをしました。

4

煮なおすときには、弱火で。(さんまがぱさぱさにならないように。)さめてもおいしいです。

コツ・ポイント

さんまの処理が面倒なときは、あらかじめ頭と腸が落としてあるものを入手。しょうがは多めがおいしい。圧力鍋がないときは1時間くらい煮込むと、骨まで柔らかくできる。→後日加筆、括弧内省略(水分がすくないと心配なので水を加えているが、意外とねぎから水分が出るので、あとで煮汁を煮切るときに時間がかかる。水はなくても大丈夫かも・・・。)→水なしで大丈夫でした。ただ、ごく弱火で20分が限界かと。

このレシピの生い立ち

オレンジページのレシピを、圧力鍋バージョンに。→後日加筆。さらに甘み抜きに。応用で、梅干やオイスターソースを加えたり、にんにくを1~2片をいれたり、とうがらし酢や豆板醤で辛味を加えたり、ごま油を加えたりすることもありますが、ここでは基本形。ようやく実践して、水なしでいけることを確認しました。ただし、圧力鍋によっても違うかと思いますので、用心のため、水を少し加えて、あとで煮切ったほうがよいかと。
レシピID : 442856 公開日 : 07/10/13 更新日 : 07/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

08/08/31

写真

骨まで柔らかでとても美味しく仕上がりました。冷めても美味しいね◎

oBsession

きれぃで美味しそうなつくれぽ、大感謝です~~T^T

08/04/28

First tsukurepo mark
写真

5匹100円のサンマが美味しく変身~(*♥д♥*)嬉しいレシピ❤

コユッキー

数あるレシピの中からよくぞれぽして下さいました!大感謝です!