秋の炊き込みごはん

秋の炊き込みごはん
鯛のだしで炊く、秋の炊き込みご飯です。

材料 (8人分)

4C
真鯛
大1尾(1~1,2kg)
かた茹でした栗
12個
むかご
適量
人参
中1/2本
しいたけ
4枚
こんにゃく
1/2枚
だし昆布
10㎝位
調味料
しょうゆ1/4C・酒2/4弱・みりん大1・塩大1/2
 

1

写真

鍋にたっぷりの水と酒、下処理をしたた鯛、昆布を入れ出汁を取る。(沸騰するまでは強火にし灰汁を取ったら弱火にする) 鯛と途中で取り出し身を取り出し、ほぐし骨を鍋に戻す。
出汁3Cまでにして漉しておく。

2

写真

人参・こんにゃくは薄い短冊切り。 椎茸は薄切り。 クリは皮をむいておく。むかご塩でかた茹でにする。

3

米は洗って、ザルにあけておく。

4

炊飯器に、米と鯛以外の材料すべてを入れ、調味料と(1)でとった出し汁3カップを入れ炊く。 注)具と米は混ぜ合わせない。

5

写真

炊き上がったら、鯛を入れて、まぜあわせてできあがり。

6

コツ・ポイント

・鯛の骨はかたく危ないので、きちんと取り除きましょう。

・野菜から水分が出るので、水分は少なめです。

・具は、火の通りの悪いもの、味の染み込みにくいものが下になるように入れましょう。
この場合、こんにゃく・しいたけ・むかご・人参・栗の順です。

このレシピの生い立ち

母の味ひとつです。初物がとれるとご飯の中に入れて炊いていました。そんな時は初物談義にはなが咲きます。季節感を植えつけられました。
レシピID : 443833 公開日 : 07/10/29 更新日 : 07/11/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」