山ウドと鶏レバーの田舎風煮しめ

山ウドと鶏レバーの田舎風煮しめ

Description

山菜のうどを使った油不使用でヘルシーな煮物です。鶏もつなので低脂質。野菜ゴロゴロで体に優しい一品です。

材料 (2人分)

うど(茎の部分)
適量
鶏レバーとハツ
200g
ジャガイモ
2個
人参
1/2本
生椎茸
4個
高野豆腐
2枚
竹輪
2本
醬油・酒・みりん・砂糖
適量

作り方

1

ボウルに水を張り、鶏レバー(肝臓)とハツ(心臓)を入れてしっかりと血抜きをします。ハツは切り込みを入れ内部も綺麗にします

2

水を3回程度取り替えたらザルにあげ、キッチンペーパーなどで水気と臭みを取り除きます。

3

高野豆腐を水で戻したら絞って水分を切り、適当な大きさに切っておきます。

4

ウドの茎部分をアク抜きし、皮をむいて4-5センチに切り揃えておきます。

5

ジャガイモとニンジンは洗った後、皮をむかずにゴロゴロとカットします。シイタケは半分に切り、ちくわはお好みの大きさで。

6

鍋に醬油・料理酒・みりん風調味料・砂糖を入れ、水を加えて味を調整し、ジャガイモ・ニンジン・椎茸を入れて煮込みます。

7

鶏レバーとハツ・高野豆腐・ちくわ・ウドを加えてさらに煮込みます。ホイルやクッキングシート落し蓋をしてください。

8

十分に煮立ったら火を止めて蓋をして余熱で2-3時間程度放置し味を浸み込ませます。

9

器に盛り付けて完成です。ご飯のおかずに、酒の肴にどうぞ。

コツ・ポイント

ジャガイモや人参の皮は栄養価が高いので、むかずにそのまま使います。醬油・料理酒・みりん風調味料を、麵つゆで代用しても構いません。砂糖はお好みでどうぞ。鶏モツは脂質が少ないので冷めていても美味しく戴けます。お弁当のおかずにも最適です。

このレシピの生い立ち

煮物料理は、調理後に温度が落ちてゆく過程で味が浸み込みます。早く食べたい気持ちを抑え、十分に味が馴染んでからお召し上がりください。なお、ジャガイモとニンジンは、時間短縮のため予めレンジでチンしてもオーケーです。
レシピID : 4445327 公開日 : 17/03/31 更新日 : 17/04/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」